面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

エントリ受付中!!

カヤックを変えてくれる方をお待ちしています!!

企画部

クライアントワーク事業部 プロジェクトマネージャー


仕事内容

◆カヤックのプロジェクトマネジメントチームとは
プロジェクトゴールに対して「クリエイターの力を最大限発揮させる」ために
マネジメントに取り組んできました。
例えば、プランナーの立てた企画を実現するにあたっての社内外のリソースの調整や、
エンジニア/デザイナーがつくることに専念してもらえるように、プロジェクト上の不安要素を
へらすこと、チームビルディング、スケジューリング、クライアントなど各所との調整などを
一手に請け負い、納品まで責任を持ってプロジェクトを先導してきました。

◆こんなことお願いしたいです
Webページのみではなく、イベント・映像など専門分野外のクリエイティブを合わせた、
規模の大きい提案が増えてきました。
しかし、案件の規模が変わっても変わらずクリエイターの価値が最大限発揮できるよう、
大規模なプランニングの座組をつくれるようなスキルや、内部だけでなく、
制作のパートナーが最大限価値を発揮してくれるよう、プロジェクト全体のマネジメント
(スケジュール、コスト、品質、組織、コミュニケーション、リスク)を担って頂きたいです。

求める人物像・スキル

・プロジェクトマネジメント経験があり、様々な技術を持ったクリエイターの持つ強みを
活かすために、メンバーと積極的なコミュニケーションを重ね、信頼関係を築くことができる方
・カヤックを変えたい!という意気込みのある方
・カヤックのユニークな制度を楽しめる方
*制度の詳細はこちら
https://www.kayac.com/company/institution#company-institution-kamakura


エントリーする

クライアントワーク事業部 プランナー


仕事内容

◆カヤックのプランナーとは
カヤックにおける「プランナー」という職種の成り立ちから順を追って説明させてください!

カヤックは今年で22年目になりますが、もともとは「Web制作会社」に成り立ちがあります。
もっと言えば、「"まちの"Web制作会社」といった感じです。
それゆえに世の中で広く知られた呼び名としては「Webディレクター」という職種のみが存在し、
実情は何でも屋として、お客さんとの窓口や予算の折衝、企画の提案、提案して決まった企画の
制作進行まで、すべてを担当しておりました。

それが仕事の規模が大きくなるにつれて、得意領域ごとに職種の分化が進んできました。その結果、現在ではもともとの「Webディレクター」という職種は、

1-プロデューサー
2-プランナー(→クリエイティブディレクター)
3-プロジェクトマネージャー

と、大きく得意領域の軸足違いで3つの職種が生まれてきました。
「2-プランナー」に関して言えば、"自らが企画したコンテンツがどれだけ世の中で話題になるか?"
という尺度で、【コンテンツの質】に対して責任を持る職種だと言えます。

◆こんなことをお願いしたいです
すでに決まりきった企画の制作担当として入るお仕事だけではなく、クライアント様の中でも
与件すらまだまとまりきっていない段階からお声がけをしていただくことが増えてきました。

広告代理店様経由のお仕事も、クライアント様から直接お声がけいただくお仕事も、
いずれの形もありますが、どちらの場合でも「制作」だけではなく「企画」の部分についても
オリジナリティを期待されることがほとんどなのでプランナーにとっては本当にさまざまな種類の
クライアント様や様々なジャンルの課題に向き合える環境があると思いますので、
その環境を活かして様々なチャレンジをしていただきたいです!

求める人物像・スキル

◆こんな方がいてくれたら嬉しい!
広告業界・Web業界・映像業界・映画業界といったクリエイティブ業界において、
・実務経験がある方
・その経験の中で自ら主体的に企画に関わった経験がある方
・ジャンルにとらわれないアウトプットを発想できる(しようとしている)方
こういった方でしたら、これまでの培われてきた経験を強みにしつつ、
カヤックに相談が来る多様なお仕事を通じて、さらなる自分の強みを見つける&伸ばしていくチャレンジが
できると思います。


エントリーする

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.