面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

ゲーム

ゲームゲーム

世界一面白そうにゲームをつくる

「世界一面白いゲームをつくる」ことも重要ですが、カヤックのゲーム事業部では「世界一面白そうにゲームをつくる」ということをVISIONに掲げています。

誰かの人生を面白くするようなゲームを生み出すために、まずは自分たちがゲームづくりを最高に面白がろう。という想いが込められています。

ゲーム開発/運用

「ぼくらの甲子園」シリーズをはじめとするオリジナルゲームの自社開発/パブリッシングや、他社パブリッシャーとのIPタイトルの協業開発など、主にモバイル端末向けのゲームを展開しています。

2000年代のブラウザゲーム全盛時代から企画〜開発〜リリース後の運用までを一貫して継続しており、独自の開発/運用ナレッジを蓄積しているのが強みです。

今後はゲームコミュニティサービスのLobiやカヤックアキバスタジオ、ウェルプレイドとの連携により、カヤック独自の方法でモバイルゲームの可能性を拡張するチャレンジを試みていきます。

ハイパーカジュアル

近年世界中のアプリランキングを席巻しているゲームジャンルであるハイパーカジュアルに2019年からチャレンジしております。

ゲームのプロトタイプ開発から分析・広告最適化・広告運用までをマーケティング会社と協業でワンストップで完結できる体制を整備しました。

2019年末にリリースした「Park Master」は、2020年1月にUSランキング1位を獲得しました。

これからもグローバルでヒットするゲームを産み出すチャレンジを継続します。

ゲーム事業部に根ざした制度

月刊ゲームSHOW

月刊ゲームSHOW

毎月1回、ゲーム事業部ぜんいんで集まって、運用タイトルや、新規タイトルの状況、そして、開発に役立つ話などを共有する会を開催しています。ぜんいんで情報を共有することで、タイトルの自分ゴト化が進みます。

ゲーム技研(ゲーム技術研究所)

ゲーム技研(ゲーム技術研究所)

ゲーム開発では、他タイトルの知見や実装方法が役立つことがよくあります。ゲーム技研では、知見やノウハウを1カ所に集約することで開発効率化を図ったり、新規技術の研究・検証を行っています。

天下一企画会

天下一企画会

誰でも新規ゲームの企画を応募できる仕組みです。案が採用されたスタッフは、新規ゲームの中心メンバーとしてアサインされます。「クリエイターがつくりたいものをつくる」そういうゲームづくりを目指しています。

急募!即戦力クリエイター

カヤックでゲームをつくってみたい!という即戦力クリエイター募集しています。エントリーフォームからご応募ください。

主要ゲーム

その他のゲーム

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.

学歴・職歴

×

送信

資格・スキル

×

送信

長所短所

×

送信

趣味興味
のあること

×

送信

ポリシーこだわり

×

送信

カヤックの
サービスについて

×

送信

その他

×

送信