面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

鎌倉本社の理由

会社の本社をどこに置くのか。これは、意外と軽視されがちですが、すごく重要なことです。そこには会社の意志や思い、戦略上の理由があるべきです。

Img kamakura1

地方創生は時代の潮流

では、なぜカヤックのようなIT企業が、鎌倉にあるのか。

IT企業の集積する渋谷や六本木のほうが、有利な選択だと言えます。ですが、カヤックは、世の中を面白くするために多種多様な価値観を提示したいと考えています。

ひとつの都市に企業が一局集中するのではなく、それぞれの街の特色を生かして、企業が活躍している。そんな世の中のほうが面白いと思うし、それが成熟した進化の方向です。経済合理性一本やりの時代はもはや限界を迎えています。

そしてこの考え方は、時代の潮流でもあると考えています。国も地方創生というキーワードを打ち出したように、世の中の流れとも合致しています。

Img kamakura2

鎌倉の文化

鎌倉にはさまざまな魅力がありますが、中でも鎌倉が持つ文化を象徴する魅力的な試みをひとつ紹介します。

それは鎌倉宗教者会議です。鎌倉では、3.11(東日本大震災)以降、神道、仏教、キリスト教という、宗派の違う宗教が一同に会し、会議を開いています。そして、毎年それぞれの場所で、一緒にお祈りを捧げています。

価値観や立場の違う人たちが手を取り合ってお互いの価値観を尊重する。これは世界的に見ても珍しい試みだと言われています。

鎌倉にはこういった多種多様な価値観を受け入れる土壌があります。もともとNPOの発祥の地とも言われるように、数多くの市民団体もあります。

古都鎌倉という、ITとまるで関係ない地域のように見えて、我々のようなIT企業を受け入れてくれているのも、そういった土壌があるからだと考えています。そして、こういった鎌倉の文化や思想が、多様性を重視する面白法人にはぴったりだと思うのです。

さらに、地理的にも、鎌倉には、海と山と寺(神社)という魅力的なものがそろっています。

最近IT業界でも、禅やマインドフルネスといったキーワードが流行っているように、海と山がどれだけ人の心に安定をもたらし、クリエイティビティを高めるのかが、科学的に証明される日も近いのではないかと思います。ちなみに、鎌倉は禅発祥の地でもあります。

Img kamakura3

地域に貢献する企業に

カマコンバレーは、カヤックも創立に関わった、鎌倉の魂をもつ人たちが集まる運命共同体です。

宗派を超えて手を取り合う「鎌倉宗教者会議」に触発されて発足し、肩書きや立場を超え、 たとえライバル同士でも手を取り合って鎌倉を熱くしていきたい人を、全力で支える集団となっています。

このカマコンの活動を、カヤックも全力で支援しています。面白法人が培ってきたノウハウ、中でも特にブレストという方法を通して、地域をつくる人を増やしています。自分がこの街をつくっているという意識になれば、その街がどんどん好きになり、住んでいて楽しくなるのです。

今後、会社と地域との関わり方は、重要なテーマになるはずです。

この先、職住接近のライフスタイルは今まで以上に見直され、どの企業で働くかより、どこにある企業で働くかを重視する人たちも増えていくのではないでしょうか。

カヤックで働く社員には、自分の住む地域の活動に参加することを推奨しています。自分たちが住んでいる街を自分でつくっている意識になってくれば、人生すべてが楽しくなる。そう確信しているからです。

カヤックの鎌倉プロジェクト

カヤックでは、さまざまな鎌倉に関するプロジェクトをお手伝いしています。

鎌倉とカヤックの関係や「カマコンバレー」については以下の記事でもお話ししています。ぜひご覧ください。

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.

お好みのデザインに変更できます
5つのテーマから選んでください

学歴・職歴

×

送信

資格・スキル

×

送信

長所短所

×

送信

趣味興味
のあること

×

送信

ポリシーこだわり

×

送信

カヤックの
サービスについて

×

送信

その他

×

送信