面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ
コミュニティ通貨(まちのコイン)コミュニティ通貨(まちのコイン)

使えば使うほど、仲良くなるお金

まちのコインは、使えば使うほど、人と人が仲良くなるコミュニティ通貨(地域通貨)サービスです。

コインを「もらう」のも、「つかう」のも、地域の仲間と「つながる」必要があります。
そして、使えば使うほど、まちと人、お店と人、人と人が仲良くなり、関係人口の創出につながったり、お店のファンが増えたり、仲間づくりができるお金です。

だから、まちのコインの流通量は、その地域に関係する人々の”仲の良さ”の指標になります。

仲良くなれば、まちでの暮らしは豊かになる。
私たちはそう考えています。

面白い仕掛けで、続けたくなる

自分のコインの流通量に応じてレベルアップしてボーナスコインをもらえたり、 同じジャンルのスポットに何度もチェックインするとスタンプがもらえたり、 まちに時々落ちてるラッキーコインを拾うといいことがあったり...

まちを舞台にしたゲームのように楽しみながら、自然と誰かと仲良くなったり、地域活動やお手伝いごとに関わったりする機会をつくります。

また、まちのコインはみんなの通帳や活動履歴をすべて公開しています。
どこでどんな活動をしたかに、その人のつくったつながりやお気に入りの場所などの個性が見えるのも楽しさのひとつです。

みんなでお金をデザインできる

「つながり」をつくるためのまちのコインはもらい方、使い方に工夫が必要です。

まちのコインを使う個人ユーザーも、使い方を考えるお店の人も、導入する地域も、 コインのもらい方、使い方をみんなでデザインすることができます。

例えば、常連を増やしたいお店は「オーナーと1杯飲みながら悩みを相談できるコイン」をつくったり、食で町おこしをしたい地域は「新しいメニューアイデアを出したらもらえるコイン」など食に関するコインをたくさん発行するといった具合に。

どうやってもらうか、何に使うか、みんなでデザインできるから、面白い。
そんな新しいお金です。

地域内外の人が仲良くなると、関係人口になる

まちのコインは、一般的な地域通貨のような地域の内需拡大はもちろん、 地域外の人にも開かれた通貨にすることで、関係人口を増やし、 地域の経済や環境を良くしたいと考えています。

だから、その地域に住んでいる人だけではなく、 時々訪れる人も、仕事で来る人も、 あまり来れないけれどここが好き!という人も、誰でも使うことができます。

「コミュニティ通貨」という言葉には、その場所に関わるみんなに開かれたものでありたい、という想いを込めました。

そして、自分の住んでいる地域だけではなく、お気に入りの地域のコインももつことで、 たくさんの地域がもっと身近になり、関係人口も増えていく。

まちのコインは、みんなに開かれたコミュニティ通貨を目指します。

仕事とボランティアの”間”

お金を払ったり、もらったりしてお願いするのはちょっと気後れしてしまうけれど、 完全なボランティアだと参加する人が限られてしまう。
まちのコインは、そんな仕事とボランティアの""間”のお手伝いごとを通じて、 人と人が仲良くなるきっかけをつくります。

例えば、ちょっとハードルが高く感じるSDGsに関わる地域活動も、 まちのコインを使うとゲーム感覚で面白がりながら参加していくうち、 地域課題が身近に感じられるはず。

後からまちのコインの「活動履歴」をみることで、自分の行動がどのSDGsのゴールにつながっているか振り返ることもでき、SDGsのジブンゴトにもつながります。

私たちは、「地域資本主義」という、そのまちごとに魅力的な文化や自然(地域環境資本)、人と人のつながり(地域社会資本)、お店や企業など(地域経済資本)、地域固有の魅力を価値と捉える考えを発信しています。まちのコインは、この「地域資本主義」の考えのもと、「地域社会資本」である「人と人とのつながり」を可視化させる指標として生み出され、まちのコインの流通量を増やすことで、「地域環境資本」や「地域経済資本」も増やしていこうという取り組みです。

  • スクリーンショット1
  • スクリーンショット2
  • スクリーンショット3
© KAYAC Inc. All Rights Reserved.