面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

エントリ受付中!!

カヤックを変えてくれる方をお待ちしています!!

その他(上記に選択肢がない場合)

鎌倉R不動産 営業管理


仕事内容

【鎌倉を愛する営業管理(将来の内定者インタビュー付き)】

鎌倉R不動産は、新しい視点で不動産を発見し紹介しています。「鎌倉らしい街並みを残していくこと」「新しい鎌倉らしさをつくっていくこと」を日々考えながら地域に住まう方、これから住みたいと考えている方の想いを繋ぎ、まちをつくっていきたいと考えています。

まだまだ若いメンバーが多い鎌倉R不動産の不動産仲介部門。今回は、不動産営業の基本を知り尽くした方に営業面・内部管理面からご助力いただきたいという募集を行います!

■必須スキル
・宅地建物取引士資格保有者
・不動産売買・賃貸の契約書等書類の作成、チェックが行える方
・物件調査が行える方

■歓迎スキル
・普通自動車免許(ペーパードライバーではない方)
・"不動産屋さん"のノウハウを広げて、若いメンバーの育成を考えたい、不動産はまかせろという方
・契約書作りのノウハウを実はお持ちだという元不動産系受付の方
・鎌倉の不動産の魅力を、いい感じの言葉で表現できるコピーライターの原石だという方
・鎌倉・逗子・葉山に詳しく地元愛しかない方

詳しくは鎌倉R不動産の求人情報をご覧ください。

仕事の内容(将来の内定者インタビュー)

鎌倉R不動産の仕事の内容について、ここでは書こうと思ったのですが、もっと生の声をお届けしたいと思いました。
つまり、これから内定されてお仕事に就かれる方の生の声の方が、皆様にとって有意義なのではないでしょうか。そこで、今回は、将来の内定者にインタビューを行い掲載することといたしました。

内定者インタビュー01

−−鎌倉R不動産の、営業管理のお仕事にご応募いただきありがとうございます!! まずは、きっかけからお伺いしたいのですが、どんなきっかけでR不動産に応募されたんですか?

私は、不動産歴が長かったんですね。ただ、この年齢からの再就職ができるとはあまり思っていませんでした。でも、自分の思う "フドウサンやさん" を若い人たちにアツく語りたい、そんな内なる情熱を持っていまして(笑)。「不動産はまかせろさん」を探しているんです...と代表の小松さんにおっしゃっていただいて、私のことなのかな、と(笑)。いろんな経験もあり、知見だけは溜まっているので、今後は鎌倉のためになる仕事をしてみたいなと。思ったように働ける場所もなかなかなかったので、諦めていましたが、求人を見かけてダメでもともとと思って応募したのがきっかけですね...。

−−偶然目に止めていただいた「鎌倉R不動産」の文字。最初は、この不動産屋さんは何なのだろう、と思われたとお聞きしています。

そうですね。Rって何だ...?とは思いましたね。何の略なんですか、と面接で聞いてましたね・・・。
鎌倉エリアはずっとずっと慣れ親しんできたまちです。遠方からの友人に「案内してよ」と頼まれたら有名どころから地元の人しか知らない穴場まで綿密に紹介できる自信はあります。鎌倉に住みたいんだよね、と言ってくれた友達もいましたが、でも彼らに自信を持って紹介できる不動産屋さんはなかなかないなと・・・。起業するという選択肢もあるんですが、鎌倉R不動産の考え方に共鳴したので、私のこの先の時間をここに賭けようと思いました。
サイトをクリックしていった時に、ああこういうお客様には、こういうご案内ができるな、と具体的な顔が思い浮かびました。そういう関係性を大切にしていきたいし、次のまちをつくる人たちに何かを残していきたいなとも思いました。

−−ありがとうございます。今後の抱負を教えてください。
私の思う"フドウサンやさん"を、次世代に伝えたいです。ちょっと古い考え方かもしれないですが、大家さんと住んでいる人が、縁側で会話をしているような、そんなまちづくりをしていきたいと思っています。古さと新しさが、うまく混ざっているような、そういうまちを今は妄想ですが、一緒につくっていきたいと思っています。

心境としては、新社会人にまた戻ったみたいな気持ちですね!!

内定者インタビュー02

−−鎌倉R不動産に応募されたきっかけを教えていただけますでしょうか?
育児もひと段落したので、また働こうかな、と思いまして。不動産会社に以前勤務していましたし、宅地建物取引士資格も持っていますし、働くなら不動産がいいな、って思っていたんです。

−−そうなんですね。サイトをご覧いただいて「鎌倉R不動産」で働いてみたいと思っていただけた?
たまたま求人が目に入った、というのもあります。

−−ええ。
私、もともと好きなんですよね、鎌倉。この街並みが特に好きで。子育てに向いた環境を求めていたので、そういうまちの形がどうなっていくかにも関心があります。
いわゆる普通の不動産会社でももちろん働けるところはあると思います。でも、やっぱり子育てしていることもありますし、環境的にも鎌倉からは離れられないなと・・・。鎌倉R不動産の物件、いくつか見たんですよ。普通の不動産会社ではなかなか扱えないものもありますよね・・・、スペックだけではその魅力は伝えきれないでしょう? ちょっと、うまいこと言ってるなっとも思いましたけど、うまく魅力が伝わって、かつ嘘ではない、絶妙な表現だなって思ったんです。きっとこれを書いた人も鎌倉を愛しているんだな、っていう。それは伝わってきました。まちをつくりたいという感じに私もちょっと動かされたというか・・・。

−−入社されて印象はどうでしたか?
ええ。入ってみて、そうですね、前働いていた不動産会社とはちょっと違うな、と思います。若い人も多いですし、今後、鎌倉R不動産が大きい不動産屋さんのようになることは、おそらくないのでしょうけれど、きっと私みたいな"ファン"は、ある程度たくさんいると思うんですよね。働いていて、そんな"ファン"の方とたくさん出会うことができました。
なので、1つ1つの仕事が面白いですね、物件のストーリーと、譲られる方、貸し出される方、住まわれる方のストーリーが1つになるというか。私は契約書業務がメインなのですが、そういうものが1つの契約書の中で言葉になっているような感じがして毎日が楽しいです。

いかがでしたでしょうか。ぜひ、お気軽にご相談ください。

選考フロー

鎌倉R不動産 営業管理の求人をご覧いただき誠にありがとうございました。
ご興味をいただけた方は、「鎌倉R不動産 スタッフ募集」からご応募ください。

採用についてのお問い合わせは、お問い合わせフォームより承っております。


エントリーする

ソーシャルゲーム事業部 マネージャーアシスタント 時短勤務可能です


仕事内容

【ゲームチームを支えるマネージャーを支えるアシスタント*時短勤務可能】

ソーシャルゲーム事業部の開発チームを支えているマネージャーを支えるアシスタント業務をお願いできる方を探しています。
どんだけ支えているんだと思いましたが、人と人が支え合うことが大事だなと思います。

さて、今後カヤックはより鎌倉に根ざした経営を進めていく予定です。その中で、働く世代の多様な課題に対応していくことも、地域に根ざす上で大切なことの1つだと考えています。そこで、今回の募集についても、子育て世代の課題から、特に「時短勤務」での勤務が難しいと考えている方々の応募も想定しています。ゲーム事業に関わったことがない方でも、ご応募いただけます。

対象の部署は、ソーシャルゲーム事業部の中でも、チームを横断してそれぞれの開発チームが最大のパフォーマンスを発揮できるように支えていく部門となります。事務作業を中心としてサポートいただければと考えております。
マニュアルを元に進めていただきますので、専門的な知識・経験は必要ありません。
勤務地は現在は、横浜となりますが新社屋への移転に伴い、今後は鎌倉での勤務を想定しています。

具体的な仕事内容

▼入退社、社内異動の手続き
・管理簿の更新
・勤怠管理

▼社内面談の設定
・月に1回行う、マネージャーと社員の1on1面談の日程調整

▼外部発注の管理
・見積書や請求書の管理
・契約開始/終了/更新の手続き

▼ライセンス管理
購入したライセンスの棚卸し

▼資料作成
・定例会議で共有する資料の作成
※数字や更新物を抽出し、更新していただきます

▼庶務(郵便対応など)

上記のほか、状況やスキル・経験に合わせて、ご相談をさせていただきます!
主にマネージャーのメンバー(正社員1名)と一緒に、業務を進めていただきます。

経理や労務、総務などの領域に掛かる業務となりますが、
マニュアルを元に進めていただきますので、専門的な知識・経験は必要ありません。

マネージャーの方からは、「こんなことをしたい」「こういうことに困っている」というご相談を随時させていただくので、可能な範囲で、どう対応出来るか相談に乗っていただけると嬉しいです!

求める人物像・スキル

・丁寧に効率よく業務を進めることが好きな方、
・業務範囲を拡げたり、新しいツールを使うことが好きな方
・ビジネスメールが書ける方
・ExcelやGoogleスプレッドシートでの作業経験がある方

雇用形態

アルバイト

勤務形態・勤務時間

週3(応相談)
1日5h〜7h程度(9:30〜18:30の中で、調整しやすい時間帯をお選びください)

給与

時給1000円〜
昇給有
交通費支給(当社規定による)

勤務地

横浜展望台オフィス
神奈川県横浜市西区高島1-1-2 横浜三井ビルディング 30F
JR「横浜駅」徒歩5分
横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島駅」徒歩2分

※鎌倉オフィスに勤務となる場合もあります。

選考フロー

ソーシャルゲーム事業部 マネージャーアシスタントの求人をご覧いただき誠にありがとうございました。
ご興味をいただけた方は、「エントリーする」ボタンからご応募ください。選考フローは以下の通りです。
1次選考  WEBエントリー情報より1次選考 エントリーフォームの「その他(アピールポイント、希望条件など何でも)」にて「ソーシャルゲーム事業部 マネージャーアシスタント」と明記ください。
 ↓
2次選考  面接
 ↓
最終選考 面接
採用についてのお問い合わせは、お問い合わせフォーム より承っております。
求人選考フローは、約1ヶ月以内目安となっております。(都合により前後する可能性はあります。)


エントリーする

その他 プロジェクトマネージャー


仕事内容

【プロジェクトマネージャーのようなそうでもないような人を探しています】

カヤックでは、「何をするかより誰とするか」という考えのもと、様々な才能を持つ方々を採用しています。
そのため、みんな「何をするか」が若干おろそかになり、結果的にプロジェクトマネジメントを担当する人はとても必要です。

でも、カヤックではプロジェクトを終わらせることよりも、面白いものをつくることを重視したいので、プロジェクトマネージャー募集としてしまうとお互いに何か違う、となってしまいそうでした。
それってプロジェクトマネージャーなのだろうか、違うのだろうか。
そういうことを毎日考えていたら、そもそも「プロジェクトマネジメント」って何なのか、ということがわかっていない、と。でも調べて行くとそもそも今は「プロジェクト」がゴールというよりは「プロダクト」そのものがゴールになっているようでした。であれば、カヤックの求めるところも、そういうことにありそうだ。つまりPMを深く考える人たちと語り合ったら楽しいのではないだろうか。
そうだ、イベントをやろう。という突然の飛躍により脊髄反射的にイベントを開催し、プロジェクトマネジメントに一家言を持つ人たちに集まってもらうことにしました。

「PMは孤独なんだ」

世界初の#AsanaTogetherイベントとPMあるある感満載のブレスト

8月10日、御茶ノ水のデジタルハリウッド大学院で、カヤック主催、Asanaが推進するコミニティ活動 #AsanaTogetherとして世界初のイベント「プロジェクトReマネジメント」を開催しました。

Asanaは2012年にFacebookからスピンアウトして生まれたプロジェクトマネジメントツールで、当日は大きく分けて、Asanaを活用している方々のLTバトルと、PMが抱える課題を語り合い、カヤックのブレスト手法で課題解決を目指す場の二部構成。

「PMは孤独なんだ」は、当日のこの時のブレストで出てきた発言です。そんなPMがお互いを高めていく場をこれからも盛り上げよう!とこのイベントのゴールがはじめてわかった瞬間でした。
PMが語り合い、PM同士でノウハウを共有し、自分たちのプロジェクトマネジメント技法を磨き合う場を作る。エンジニア同士ならこういったコミュニティが発展しているのに、PMではあまりないので、これを作って行こうとなりました!

Aのポーズをする参加者の皆さま。

*Aのポーズをする参加者の皆さま。

現状把握・ヒアリング

Asana LTバトルではまさかのTrello派出現、Redmine派も乱入

登壇者は5人。LTバトルは、AsanaのTorchbearer(エバンジェリストみたいなもの)アオキトモ氏による、『分野横断マネジメント マーケチームとクリエイティブチームで作ってる別プロジェクトを一括管理する方法』で幕を開けました。

今回のイベント準備もAsanaで準備して、プレゼンもAsanaで行うというアオキさん。

*今回のイベント準備もAsanaで準備して、プレゼンもAsanaで行うというアオキさん。

続く『超短期プロジェクト群をAsana×Slackで追う疾走セルフマネジメント』では、SlackのChannelに書き込まれた依頼が自動でAsanaでタスク化されたり、それを検索できたり、というAsanaの新機能に歓声が。

超短期プロジェクト群をAsana×Slackで追う疾走セルフマネジメント

そして、ここでTrello派が登場し、意図しない制作物を生まないためのTrello利用を紹介。会場にもTrello利用の方々の手が挙がりました。社内への制作依頼をあたかも外注する時のようにしっかりとした仕様書を作って依頼することで、クオリティのブレを抑えるというテクニックを紹介いただきました。

Trello派

Trello派の次はRedmine派。『Redmineでガチバトル参戦してみます!』というタイトルの通り、Redmineの機能や利用事例を語る、語る。ルールの作り込みこそが大事というその創作意欲、もはやチームマネジメントとうよりは、1つの作品の領域に達していました。

Redmineでガチバトル参戦してみます!

そして最後の『Asana + git + instagantt + unitoで進捗管理の自動化』では、その自動化の手順もさることながら、結局は「ツールが何かではなく、作業の中にいかに組み込んで負担を意識させないかにより継続する(PM視点での管理の為の管理では作業者が続かない)」という締めに納得したところでこのセクションを終えました。

Asana + git + instagantt + unitoで進捗管理の自動化

今回は、制作現場のコミュニケーションの課題にフォーカスしたお話が多く、まさにツールは何であれ、精度の高いコミュニケーションを生み出すために現場のみなさまがたくさんの工夫を積み重ねていることがよくわかりました。
ポイントは、どこで意図したものから「ブレる」のか、そのブレを削減するために何をするべきなのか、そして、それをもっとチームメンバーの自然な行動に沿ってやるにはどうしたらいいのか、は共通項だったように思います。

このイベントの最終的なゴールをイベント内でアジャイルに設定

「質より量」「のっかる」カヤック流ブレスト開始

カヤックの文化ともいえるブレスト。そのカヤック流ブレストを体験していただくために「ブレストカード」を使いました(Amazonで売ってます)。ともかく投げて、ともかく拾うこのブレストで、解決したい課題を決め、それぞれのチームで出た話題と解決策を発表してもらいました。意図としては、このイベントの最終的な着地をこの場で決めることです。あくまでもアジャイルなので。(間違った解釈)

PMの課題をブレストしてみると、みんなあるあるすぎて、話が止まりません。

いくつかのあるあるをここに列挙しますと
・あるはずのリソースない問題
 気がついたら、確保していたはずのリソースなくなった、社内のリソースの取り合いが生じがち。解決策は、PMを統括する超PMを置いて全体のリソース決める。
・議事録とったあと誰も見ない問題
 議事録の中で自分に関係あるとこだけメンション飛ぶとかにする
・ツールがあるけど誰も使わない問題
 PMに便利なツール入れてもインターフェイスが好きじゃなくて使わない。
 うまく行っている小さいチームを先に作って、他部署から羨ましがられてから、じわじわ教える。
という感じ。

話が止まりません

会場に集まったPMの仕事をしている方々は、みんなチームに良かれと思って行動しているのですが、それがうまく機能しない状況に直面しているようでした。中でも、リソースない問題はフォーカスが「経営資源」に当たっているので興味深いテーマです。
これまで、プロジェクトマネジメントツールはメンバーマネジメントのことばかり考えて作られてきた感がありますが、CEOとかCTOとか役員向けのツールと自動的に連携して、役員側のコミュニケーションをプロジェクトの中に組み込んでいく近未来もあるな、と今レポートを書きながら思えてきました。BIツール作っている企業さんはどうでしょうか。

さて、懇親会で名刺交換に突入かと思いきや、「これだけは話したい」とPMバトル番外編が始まってしまい、秘蔵のドキュメントやパワポを取り出して、ここがこうなって、と説明し始めると会場からの質問も止まらず、時間いっぱいまで全員で話し込んでしまいました。 

そんな会話をしている中で、「PMは孤独なんですよね」という発言が出てきました。資源の制約・時間の制約を前にして、コミュニケーションの質をあげるべく日夜努力しているPM。そんなPMがあまりにも横で繋がっていない。これこそが、課題であるという見解にみんなが達した瞬間でした。
 
と、いうことで、今回のイベントのゴールは、PMが今後も繋がっていくこと、になりました。
これから、PMが蓄積してきたノウハウをまとめて、それぞれの会社で実行してみて、さらに事例を集めて、というサイクルで、みんなでPMをより良いものにして行こう!! と思っています。
なので、次回来たい人はぜひ、ここに登録してください。

やっぱりAのポーズ

次回来たい人はここに登録してください

https://www.facebook.com/groups/remanagement/members/

最後に、こんなイベントをやっているカヤックはPMを積極採用中です。

求める人物像・スキル

・このページをここまで読んだ方(ありがとうございます)
・何らかの制作進行経験がある方

こんな方におすすめです

・このページをここまで読んだ方(ありがとうございます)

 応募時に何をするかを決めている必要はありません。来社時にブレストしながら考えられたらと思います。

雇用形態

正社員 ※試用期間3ヶ月(試用期間中は契約社員となります。)

給与

年収400万円〜1000万円(経験能力を考慮)
昇給有
賞与4回(業績連動)
交通費支給(当社規定による)

勤務時間

9:29-18:29
土日祝休

休日・休暇

週休2日制
慶弔休暇
年次有給休暇(入社半年後に10日間)
誕生日休暇
産前産後休暇/育児休暇
介護休暇

勤務地

鎌倉オフィス群
5号:元銀行棟
〒248-0012 神奈川県鎌倉市御成町11-8
JR横須賀線鎌倉駅徒歩1分

横浜展望台オフィス
神奈川県横浜市西区高島1-1-2 横浜三井ビルディング 30F
JR「横浜駅」徒歩5分
横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島駅」徒歩2分

福利厚生・待遇

昇給有
賞与4回(業績連動)
交通費支給(当社規定による)
社会保険完備(雇用/労災/健康/厚生年金)
定期健康診断
ほぼ鎌倉住宅手当/ほぼ鎌倉移住手当
面白制度
つくったみたラボ
また、今後のカヤックの鎌倉構想については、鎌倉本社の理由でご確認いただけます。

選考フロー

プロジェクトマネージャーの正社員求人をご覧いただき誠にありがとうございました。
ご興味をいただけた方は、「エントリーする」ボタンからご応募ください。選考フローは以下の通りです。
1次選考  WEBエントリー情報より1次選考 エントリーフォームの「その他(アピールポイント、希望条件など何でも)」にて「プロジェクトマネージャー」と明記ください。
 ↓
2次選考  面接
 ↓
最終選考 面接
採用についてのお問い合わせは、お問い合わせフォームより承っております。
正社員の求人選考フローは、約1ヶ月以内目安となっております。(都合により前後する可能性はあります。)


エントリーする

地域をつくる社員


仕事内容

【地域をつくる社員】

全国各地で地域をつくる仕事を一緒にしてくれる社員を探しています!

カヤックは、2002年から鎌倉に本社を置いています。長く地域をつくる活動を続けて来たので、その経験を全国の地域と共有し、日本全国を面白く働ける地域に変えていきたいと考えました。
そこで、日本全国の方々を対象として以下のような募集をはじめました。

地域おこし協力隊をしながらカヤック社員になりたい人募集!

今、地域で頑張っていて、地域をつくることの面白さを実感しながらも、課題を感じている方を探しています。地域ならではの魅力を伝えきれていない、もっと世界に発信したい、都市と連携した仕掛けを作りたい!など、地域に身を置くことでわかって来た課題をぜひお聞かせください。

様々な地域の方々とカヤックの知見を融合しつつ、地域の魅力を最大化することをミッションとして一緒に担っていただける方を想定しています。
地域おこし協力隊に入っている方、または入ろうとしている方を主な対象としていますが、そうではないが、地域に関わっていて困りごとがすごくあって当てはまっているな!と思った方もぜひご相談ください。

地域の活動をしながら、カヤックのお仕事をお手伝いいただくなども、大変ありがたいです。様々な関わり方があると思いますので、まずはざっくばらんにお話させていただければと思っています。

仕事の内容

地域の魅力を最大化することをミッションとしながら様々なことに取り組んでいただければと考えています。
一例としては、カヤック社員が退職したと思ったらすぐにグループ会社のCTOに就任し沖縄で開発拠点をつくろうとしている(この話の詳細は、別途掲載予定です。)などの動きが出て来ています。この事例は、地域にある環境資本(この場合は沖縄という場所の魅力)を生かして、地域にまだない価値(エンジニアとしての研鑽を積める自社サービスの開発拠点)にまとめ上げて行く再編集の事例だとも言えると思います。

これは一例でしかありませんが、誰かがその場所にいくだけでその地域の魅力的な資本が、別の輝きを持って活用され始める、ということは往々にして起きることだと思います。
地域に関わるみなさんが仕掛けていきたいことをお聞きし、カヤックと一緒にできることを模索できればと思っています。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

また以下のような業務も想定しています。
・シティプロモーションの企画立案、実施
・プログラミング業務
・デザイン業務
・カスタマーサポート業務など

こんな方におすすめです

地域に関わる活動をされている方として以下を想定していますが、そうでない方でも地域に深く関わっている方であれば大歓迎です。
・地域おこし協力隊業務 プラスアルファ カヤックで働きたい人
・地域おこし協力隊に応募予定のある人
・地域おこし協力隊として雇用されている人
・地域おこし協力隊として働いたことがあり、いまもその地域で活動している人

雇用形態

応相談(アルバイト、業務委託、契約社員、正社員いずれか)
※地域おこし協力隊の規定に応じて柔軟に対応します

報酬

実績と業務内容に応じて要相談

選考フロー

地域をつくる社員の業務委託募集をご覧いただき誠にありがとうございました。
ご興味をいただけた方は、「エントリーする」ボタンからご応募ください。選考フローは以下の通りです。
1次選考  WEBエントリー情報より1次選考 エントリーフォームの「その他(アピールポイント、希望条件など何でも)」にて「地域をつくる社員希望」と明記ください。
 ↓
2次選考  面接(リモート可)
 ↓
最終選考 面接(リモート可)
採用についてのお問い合わせは、お問い合わせフォームより承っております。
選考フローは、約1ヶ月以内目安となっております。(都合により前後する可能性はあります。)


エントリーする

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.

お好みのデザインに変更できます
5つのテーマから選んでください

学歴・職歴

×

送信

資格・スキル

×

送信

長所短所

×

送信

趣味興味
のあること

×

送信

ポリシーこだわり

×

送信

カヤックの
サービスについて

×

送信

その他

×

送信