面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

Corporate

2019.09.13

#面白法人カヤック社長日記 No.61
格言を深く突き詰めてみるシリーズ「類は友を呼ぶ」

Corporate

画像

今回は、久々の「格言を深く突き詰めてみる」シリーズです。過去2回ほどやってみました。
NO.23 ピンチはチャンス
NO.24 背水の陣
それほど人気じゃなかったので、その後やっていませんでしたが、ネタがないときは、このシリーズをやります。

ということで、今回の格言は「類は友を呼ぶ」です。

この言葉、誰もが聞いたことがあると思います。「似た者同士が集まるよね」という意味で使われることが多いのですが、この格言も深く突き詰めていくと、実際は僕らが思っている以上におそらく深いし、いろんな活用方法があるんだろうと思います。

極限状況での人間の行動が勉強できることもあり、アウシュヴィッツにまつわる話を過去に読み漁っていたことがあります。ヒトラー周辺には揃いも揃って、やばい人しかいないと感じました。誰も他人を信じていないような人たちばかり。でも、一方でその時に思ったことがあります。そういう他人のことをまったく信じてない人でも、実は必ずマブダチ(親友)がいるんです。では、他人をまったく信じないような人はどういう人をマブダチにするかというと、それは他人をまったく信じない人をマブダチにするのです。

なるほど、これがまさに類友というやつだなと。つまり自分と同じような思考の人と一緒にいることが、おそらく人にとって居心地が良いということなのだと思いますし、お互いに引き寄せあってしまうということなのだと思います。

これは会社という組織の単位で見てみてもわかりやすいです。楽しく働いている人の周りには楽しく働いている人が集まり、愚痴だとか人の悪口ばかり言っている人の周りにはそういう人が集まっている。

このような法則をどう自分の人生に活かすかを考えてみます。

ひとつは、自分がどういう人間かは総じてなかなかわからないものですが、仲良しの人間、一緒にいて心地の良い人間を見ることで、自分がどういうタイプなのか理解することにも使えるのではないかなと思います。

また、自分を分析する別の方法として、流れという考え方があります、人はポジティブな時とネガティブな時など、その日その時で波や流れといったものがあり、考え方にも影響を受けます。そこで、どういう人がいま自分の近くに来ているかを流れのバロメーターにするということにも使えます。たとえば、僕はタクシーに乗った時、タクシーの運転手の方がどんなタイプの人かで、いま自分はどういう人と引き合う状況にあるのかを観察したりします。

そのように考えると、自分が幸せに生きるということは、どういう人と一緒にいると居心地が良いのかを突き詰めるということでもあり、たとえば自分があまり人を信じていないのなら、同じように人を信じていない人と一緒にいる方が、実は居心地がいいのだなと自覚することが近道な気がします。

逆に、自分は現在こういう性格や考え方だけど、未来はこのように変えたいという理想があるなら、そういう性格の人となるべく一緒にいると、自然に同調してそういう性格に近づいていくということもあるのだろうと思います。ただ相手にとっては居心地が良くないので、付き合ってくれるかはわかりませんが。そこは頑張って食らいついていくしかない。

ちなみに、ここでいう「類」とは、必ずしも性格の話だけでもないです。物理的な意味もあります。たとえば社長が体を鍛えていれば、鍛えている社員が集まる組織になる、社長がおしゃれなら、おしゃれな社員が集まるなど、そういったビジュアル面においても相関関係があると僕は信じています。

あるいは、先輩の経営者から「自分よりも器の大きい会社の経営者と付き合いなさい、そうしないと自分の会社が引き上げられないから」というアドバイスを昔いただきましたが、それもひとつの「類」だろうと思います。

そして、これこそが、カヤックが創業期から掲げている「何をするかよりも誰とするか」ということであり、自分がどんな人といるのが居心地が良くて幸せなのか、どんな人になりたいのか、どんな人と一緒に仕事したいのかということを、一人ひとりが真剣に考える社会になれば、楽しく生きるということにつながってくるのだろうと思っています。

当日記の無断転載は禁じられておりません。大歓迎です。(転載元URLの明記をお願いいたします)

バックナンバー
#面白法人カヤック社長日記

眼球運動が実はマインドフルネスにつながるという話。
眼球運動が実はマインドフルネスにつながるという話。
No.76
眼球運動が実はマインドフルネスにつながるという話。
「上場企業の経営者はストレスが溜まるでしょう?」と質問されることがあります。生きている以上、ストレスがない人生というのはないはずなので、上場企業の経営者といえども特別ではなく一緒ですよ。と答...
2020.09.23
セールスフォース創業者の本を読んで 企業は「正しいことをして稼ぐ」時代だと 思ったという話。
セールスフォース創業者の本を読んで 企業は「正しいことをして稼ぐ」時代だと 思ったという話。
No.75
セールスフォース創業者の本を読んで 企業は「正しいことをして稼ぐ」時代だと 思ったという話。
世界最大の顧客管理ソフトウェア企業セールスフォース・ドットコム。その創業者であるマーク・ベニオフの書いた『トレイルブレイザー: 企業が本気で社会を変える10の思考』という本を出版社からご献本...
2020.09.17
分断をもたらす 「危険なリーダー」について考えたこと、 自分たちにできること。
分断をもたらす 「危険なリーダー」について考えたこと、 自分たちにできること。
No.74
分断をもたらす 「危険なリーダー」について考えたこと、 自分たちにできること。
先日、『危険人物をリーダーに選ばないためにできること』という本を献本していただいて読みました。 ヒトラー、スターリン、毛沢東といった歴史上の人物で、絶大な権力を掌握し、世界を混乱させたリー...
2020.08.21
成功体験は、自分だけではなく 仲間の体験を通して つくることもできるという話。
成功体験は、自分だけではなく 仲間の体験を通して つくることもできるという話。
No.73
成功体験は、自分だけではなく 仲間の体験を通して つくることもできるという話。
今回は成功体験というものについて考えてみたいと思います。 成功体験とは何かとまずは定義するなら、自分の望んでいる結果を手に入れる体験ということだと思います。僕らは、子どもの頃から、ちょっと...
2020.07.02
ウィズコロナの東京五輪を考える。
ウィズコロナの東京五輪を考える。
No.72
ウィズコロナの東京五輪を考える。
先月末、首都圏でも緊急事態宣言が解除されました。第二波がくるのではともいわれ、これからどうなるかはわかりませんが、一時期よりも良い方向には向かっているように思うので前向きに捉えたいと思います...
2020.06.19

関連ニュース

カヤック公式ツイッタ @kayac_inc

絶賛更新中!!

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.