面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

Corporate

2018.10.19

#面白法人カヤック社長日記 No.46
2018年12月期通期業績予想修正のお知らせと経営者としての心境

Corporate

画像

本日、10月19日、2018年12月期通期業績予想の下方修正を発表いたしました。

今回の社長日記では、この状況について書きます。

状況

業績が予定通りいかなかった要因を一言でいうなら「ゲームの想定の収益との乖離が大きかった」ということです。

「日本的面白コンテンツ事業」を主要事業としている面白法人としては、面白いコンテンツの代表格のひとつとして、10年前にゲーム事業に参入しました。そして、ここ数年ゲーム事業を伸ばしてきましたが、今年は2本が想定として大きく乖離し、残る1本もまだリリースすることができていません。そのように、ゲームタイトルに関する今後の見通しが厳しくなってきたことは、前回の決算発表の時にもご報告してまいりました。

もちろん、カヤックの事業はゲーム事業だけではありません。ゲームはボラタリティの高い事業であることは認識しており、ゲーム以外の事業への投資も積極的に行い、成長しております。ですが現段階では、ゲーム事業の割合が高く、期初の予想を修正させていただきました。

これを踏まえて、なぜゲームが想定とずれたのか? そして、今後どうしていくのか? 今一度、自分たちの強みを見直し、やらないことをはっきりし、やるべきことに特化する、そういったことについては、 「2018年12月期通期業績予想修正にともなう臨時資料」に記載しました。

面白法人の上場について

面白法人が2014年に上場してから、「なぜ上場したのですか?」という質問を受ける機会が度々ありました。この質問にシンプルに答えるならこうです。

「面白法人に関わってくれる人が増えるから」

そして、関わってくれる人が増えることで、僕らの経営理念でもある「つくる人を増やす」ことにつなげたいと思っています。

実際のところ、カヤックに関心を持ってくださる人が、上場後に増えたと思います。知名度が上がったということもありますが、ひとつの要因として、株主の方が、数千人いるというのも大きな変化なのだろうと思います。

そして、カヤックの株主の皆さんには、面白法人を一緒につくっていただきたいと考え、株主限定コミュニティである「株主会議」や「株主版 ぜんいん社長合宿」をはじめ、カヤックの抱えている課題について一緒にブレストをするなどの機会もつくってきました。

こうした株主の皆様とのコミュニケーションによって、自分たち自身の成長にもつながるのだと感じています。

たとえば、四半期決算発表という機会もそうです。

ちなみに、この3ヶ月単位の決算発表というルールについては、経営者が長期の目線で経営しにくくなるという指摘から、「短すぎるのでは?」という議論もあるようです。

たしかに、どのサイクルで業績を見るのが最適なのかは、事業によっても異なります。カヤックは事業が多岐に亘りますので、内部的な管理会計では、1ヶ月単位で前月との比較を重視しているもの、あるいは、3ヶ月単位や、半年単位と、事業によって見る期間を変えています。

そのように考えると、3ヶ月が果たして最適なのか? という問いの答えは、業種ごとに、会社ごとにきっと異なるのだと思います。

であれば、「株主との関係をもっと深めたい」という会社にとっては、むしろ、いっそのこと、思いっきり短くして、たとえば1ヶ月単位とかで開示するのもありかもしれません。その方が忘れられずに済むし、かえって長期的視点に立てるような気もします。

・・・など。こういった上場のルールによって、自分たちが鍛えられ、上場のルールそのものを考えることで、株式会社という仕組や、資本主義そのものの仕組への洞察、人の欲望という根源的なものへの洞察も深まるのではないかと思います。

そして、上場企業のルールの1つとして「成長し続けること」。
今回の経験を活かし、このルールに取り組んで行きたいと思っています。

最後に

僕らは創業から一貫して日本的面白コンテンツをつくっています。この事業で大事なことは、常に新しい技術を使って、新しい企画が生まれ続ける組織であり続けることです。そういった組織であり続ける源泉が、面白法人という名前にあると思っています。

今後も、面白法人であり続けるために投資します。ゲーム事業においても、今後も面白いゲームをつくるために打席に立ち続けますし、ユーザーの皆様に楽しんでいただけるように改善に努力を続けます。もちろん、ほかの主力事業についても引き続き、積極的に投資をして行きます。

昨年から発信し始めた、鎌倉資本主義というテーマもまた、面白法人という言葉に込められた思いを形にしていく活動だと考えています。

ご縁をいただいている方々に、感謝を申し上げます。
引き続きご縁をいただければ幸いです。

―――

お知らせ

採用募集中!

一緒に面白コンテンツをつくっていただける方を募集中です。
採用ページはこちら
新卒採用
中途採用

書籍刊行のお知らせ

昨年から発信を始めた鎌倉資本主義について一冊の本にまとめました。
11月29日に刊行予定、現在予約受付中です。
「鎌倉資本主義」(Amazon で先行予約販売受付中

20周年イベントのお知らせ

創業20周年のイベントを行います。
https://20th.kayac.com/

子会社社名変更のお知らせ

ゲーム事業を行う子会社である株式会社ガルチの社名を株式会社カヤックアキバスタジオに変更します。こちらもメンバー募集中です。
http://akiba.kayac.studio/

ゲームの新タイトル開発中

今冬配信予定のスマホ向け新作タイトル「進撃の巨人TACTICS」。
楽しみにお待ちください。
https://shingeki-tactics.jp/

今回の社長日記は以上です。

当日記の無断転載は禁じられておりません。大歓迎です。(転載元URLの明記をお願いいたします)

バックナンバー
#面白法人カヤック社長日記

セールスフォース創業者の本を読んで 企業は「正しいことをして稼ぐ」時代だと 思ったという話。
セールスフォース創業者の本を読んで 企業は「正しいことをして稼ぐ」時代だと 思ったという話。
No.75
セールスフォース創業者の本を読んで 企業は「正しいことをして稼ぐ」時代だと 思ったという話。
世界最大の顧客管理ソフトウェア企業セールスフォース・ドットコム。その創業者であるマーク・ベニオフの書いた『トレイルブレイザー: 企業が本気で社会を変える10の思考』という本を出版社からご献本...
2020.09.17
分断をもたらす 「危険なリーダー」について考えたこと、 自分たちにできること。
分断をもたらす 「危険なリーダー」について考えたこと、 自分たちにできること。
No.74
分断をもたらす 「危険なリーダー」について考えたこと、 自分たちにできること。
先日、『危険人物をリーダーに選ばないためにできること』という本を献本していただいて読みました。 ヒトラー、スターリン、毛沢東といった歴史上の人物で、絶大な権力を掌握し、世界を混乱させたリー...
2020.08.21
成功体験は、自分だけではなく 仲間の体験を通して つくることもできるという話。
成功体験は、自分だけではなく 仲間の体験を通して つくることもできるという話。
No.73
成功体験は、自分だけではなく 仲間の体験を通して つくることもできるという話。
今回は成功体験というものについて考えてみたいと思います。 成功体験とは何かとまずは定義するなら、自分の望んでいる結果を手に入れる体験ということだと思います。僕らは、子どもの頃から、ちょっと...
2020.07.02
ウィズコロナの東京五輪を考える。
ウィズコロナの東京五輪を考える。
No.72
ウィズコロナの東京五輪を考える。
先月末、首都圏でも緊急事態宣言が解除されました。第二波がくるのではともいわれ、これからどうなるかはわかりませんが、一時期よりも良い方向には向かっているように思うので前向きに捉えたいと思います...
2020.06.19
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(後編)
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(後編)
No.71
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(後編)
前回の社長日記では、生涯の師とはなにかという考察を書いてみました。そして今回は、2020年2月に亡くなった僕の生涯の師である方についてのエピソードを書いてみたいと思います。 その先生は、太...
2020.05.25

関連ニュース

カヤック公式ツイッタ @kayac_inc

絶賛更新中!!

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.