面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

Corporate

2017.02.17

#面白法人カヤック社長日記 No.22
「バズる企画ってどういうものですか?」

Corporate

社長日記vol.22

「バズる企画ってどういうものですか?」

“企画”に関する講義や講演に出たときに、よく受ける質問です。

そもそも「バズる」という言葉は流行り言葉で、すでに少し古い言葉のような気がしますが、他に代わる言葉もないのでこの言葉をしばらく使っています。

「バズる」を分かりやすい言葉に言い換えるならば、「話題になる」企画ということだと思います。

カヤックのクライアントワーク事業部では、「バズる企画を作ってもらいたい」と、請け負うことが多いです。
我々の得意とするフィールドは、Facebook, Twitter, Instagram といったソーシャルネットワーク上で話題になる企画に絞っており、そういった文脈を含んだ企画という意味では「話題になる」よりもネット的な「バズる」という言葉を使っています。

最近バズった事例でいうと、カヤックがWebムービーの制作をお手伝いしたプラズマ乳酸菌「SPECIAL STUDENT」があります。
公開後3日目にはFacebook上での再生数が800万回を突破し、様々なテレビ番組でもご紹介いただきました。

さて、少し前置きが長くなりましたが、冒頭の質問である「バズる企画ってどういうものですか?」にお答えしたいと思います。

とは言っても、この質問への回答がなかなか難しい。
そんなに簡単に法則的なものが見つかれば、誰でもバズらせることができてしまう。

もちろん、Twitterの表現に合わせて140文字で企画を表すとか、企画が伝わりやすいようにFacebookやTwitterといったそれぞれのサービスに最適化した画像を1枚用意するとか、企画の内容に合わせて誰を起点にどのタイミングで発信してもらうかなど、バズらせるためのテクニックは社内でもノウハウをためるようにしています。

しかし、「こういう企画は確実にバズります」と法則として言い切れるものが果たしてあるのかどうか・・・

1つだけ言い切れることがありました。

それは、「自分がその企画を人にシェアしたくなるか?」という問いを突き詰めることです。

ごくごく普通の、当たり前のことです。企画した人は、当然バズらせようと思って企画しているわけですから、おそらくこの問いに関してはとりあえず「Yes」と答えると思います。

でも、この問いをもっと真剣に本気で突き詰めてみてください。

企画をつくった本人は、その企画に愛着があります。だから、当然自分で自分の企画をシェアします。

でもそれは自分が企画したからではありませんか?自分以外の他者がその企画を考えて、それが自分のタイムラインに流れてきたとき、ほんとにシェアしたくなりますか?

もう少し分かりやすく言い換えるならば、「その企画を、もし自分ではなく他人が企画していたとしても自分はシェアしたくなるのか?」です。

そういう状況を想像してみてください。

世の中に溢れている企画の大半は、この問いに対する答えが「Yes」になっていないまま出されている気がします。

ここを徹底することで、バズる精度があがるのではないかと思うのです。

シンプルな問いを突き詰めると必ず真理が突き詰められています。

例えば、カヤックの採用基準を聞かれることがあります。「どういう人を採用したいですか?」と。

そんな時、カヤックではこう答えます。

「その人と一緒に働きたいかどうか?」その問いに真剣に面接官が向き合うだけです、と。

この問いに全てが含まれています。仕事に対して責任感がないような人とは働きたくないし、自分中心で仲間を助けないような人とは働きたくない、そういったいろんな要素が全て、この問いには含まれています。

このシンプルな問いに対峙し、徹底的に突き詰めれば、意外と誰が合否を出してもそれほどずれはなかったりします。

問いをシンプルにすることで、真理に近づく。

今回は、短いですが以上です。

当日記の無断転載は禁じられておりません。大歓迎です。(転載元URLの明記をお願いいたします。)

バックナンバー
#面白法人カヤック社長日記

眼球運動が実はマインドフルネスにつながるという話。
眼球運動が実はマインドフルネスにつながるという話。
No.76
眼球運動が実はマインドフルネスにつながるという話。
「上場企業の経営者はストレスが溜まるでしょう?」と質問されることがあります。生きている以上、ストレスがない人生というのはないはずなので、上場企業の経営者といえども特別ではなく一緒ですよ。と答...
2020.09.23
セールスフォース創業者の本を読んで 企業は「正しいことをして稼ぐ」時代だと 思ったという話。
セールスフォース創業者の本を読んで 企業は「正しいことをして稼ぐ」時代だと 思ったという話。
No.75
セールスフォース創業者の本を読んで 企業は「正しいことをして稼ぐ」時代だと 思ったという話。
世界最大の顧客管理ソフトウェア企業セールスフォース・ドットコム。その創業者であるマーク・ベニオフの書いた『トレイルブレイザー: 企業が本気で社会を変える10の思考』という本を出版社からご献本...
2020.09.17
分断をもたらす 「危険なリーダー」について考えたこと、 自分たちにできること。
分断をもたらす 「危険なリーダー」について考えたこと、 自分たちにできること。
No.74
分断をもたらす 「危険なリーダー」について考えたこと、 自分たちにできること。
先日、『危険人物をリーダーに選ばないためにできること』という本を献本していただいて読みました。 ヒトラー、スターリン、毛沢東といった歴史上の人物で、絶大な権力を掌握し、世界を混乱させたリー...
2020.08.21
成功体験は、自分だけではなく 仲間の体験を通して つくることもできるという話。
成功体験は、自分だけではなく 仲間の体験を通して つくることもできるという話。
No.73
成功体験は、自分だけではなく 仲間の体験を通して つくることもできるという話。
今回は成功体験というものについて考えてみたいと思います。 成功体験とは何かとまずは定義するなら、自分の望んでいる結果を手に入れる体験ということだと思います。僕らは、子どもの頃から、ちょっと...
2020.07.02
ウィズコロナの東京五輪を考える。
ウィズコロナの東京五輪を考える。
No.72
ウィズコロナの東京五輪を考える。
先月末、首都圏でも緊急事態宣言が解除されました。第二波がくるのではともいわれ、これからどうなるかはわかりませんが、一時期よりも良い方向には向かっているように思うので前向きに捉えたいと思います...
2020.06.19

関連ニュース

カヤック公式ツイッタ @kayac_inc

絶賛更新中!!

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.