面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

Corporate

2019.02.01

#面白法人カヤック社長日記 No.51
やりたいことがない人がやりたいことを見つける意外な方法。

Corporate

画像

少し前ですが、幻冬舎の編集者である箕輪厚介さんが鎌倉にきてくれて、イベントで対談しました。

そのとき、会場から「やりたいことが見つからないとき、どうすればいいですか」という質問がありました。

この質問をいただくことは多いので、面白法人カヤック的な回答というのは自分の中に用意されています。一方、箕輪さんが面白い回答をされたので、今回はそれを紹介して社長日記としたいと思います。

では、まずは、最初に面白法人的な回答です。

強い原体験がある人は、その原体験を軸にやりたいことを見つけていけばいいので比較的楽なのですが、ない人というのは、やりたいことを見つけるのに苦労します。自分がそっちのタイプだからわかります。でも、そっちのタイプがやりたいことを見つけるためにいい方法があります。それは、ズバリ、「やりたいことが思いつく体質になれば良い」のです。やりたいことが見つからない人は、そもそも思いつきが足りないのです。思いつくと人はやりたくなりますし、思いつきが多ければ多いほど、必ずその中にやりたくなるものがあります。

では、思いつきやすい体質になるためにはどうしたらいいか? はい。それがブレーンストーミングです。ブレーンストーミングをするとアイデア脳になりますので、まさに思いつき体質になります。

・・・と、僕は大抵答えていますが、箕輪さんはまったく別の解を持っていました。

「まず上司や尊敬する人の『完コピ(完全コピー』したらどうですか」と答えました。

箕輪さんは、前職の双葉社の編集者時代、幻冬舎創業者である見城徹さんに惚れ込んでいたそうです。当然、見城さんの本はすべて読み、家でも見城さんの話しかせず、奥さんには「見城さんと結婚しろ」といわれたとか。見城さんの著書『たった一人の熱狂』取材テープを聞き込み、丸暗記し、出版をきっかけに幻冬舎に移籍。それからは見城さんのオフィシャルな文章を箕輪さんが「なりきって」書くことも多かったそうです。そしてだんだん見城さんが言いそうなことを言えるようになってくる。

完全にコピーすることで、見城さんが乗り移ったようになる。

それがまず一歩で、そうすると、見城さんのやりたいことがわかってくる。そうすると自分もやりたいことを見つけるコツがわかる。

なるほど。これは面白い。ブレーンストーミングとはまた別の方法です。

その人の言葉を体内に蓄積する。そしてその人になりきって話してみる。モノマネしてみる。その人だったらどう考えるか、どう書くのか、考えることで、視座を手に入れていくことにもなります。

僕は常々、人間というのは言葉によってつくられていると思っています。どんな言葉で世界を認識し、どんな言葉を発するかというのは、その人自身であると思うのです。

だとすれば、その人の言葉を丸ごとコピーする、その先にその人の行動が見えてきて、やりたいことも見えてきて、結果、やりたいことがどうやって生まれるのか、トレースできる。

誰かの発した言葉をメモしたり、気に入った本のフレーズを抜粋することはあります。が、完コピというのは、なかなかできません。なぜか。それは、自分が変わってしまうおそれがあるからではないでしょうか。

「わかるということは、それによって自分が変わること」といった歴史学者がいるそうですが、誰かを完コピしようとしたら、一旦、自分というものを捨て去らないといけない。でも、それが勉強ということなのかもしれないと思うのです。

つまり、自分の尊敬できる人、やりたいことをやっている人、そんな人の言葉をまず完コピすることから入って自分もやりたいことが見つかる人間になる。少し遠いような気もしますが、そのアプローチがあったか! と思ったというお話です。

今回は以上です。

当日記の無断転載は禁じられておりません。大歓迎です。(転載元URLの明記をお願いいたします)

バックナンバー
#面白法人カヤック社長日記

成功体験は、自分だけではなく 仲間の体験を通して つくることもできるという話。
成功体験は、自分だけではなく 仲間の体験を通して つくることもできるという話。
No.73
成功体験は、自分だけではなく 仲間の体験を通して つくることもできるという話。
今回は成功体験というものについて考えてみたいと思います。 成功体験とは何かとまずは定義するなら、自分の望んでいる結果を手に入れる体験ということだと思います。僕らは、子どもの頃から、ちょっと...
2020.07.02
ウィズコロナの東京五輪を考える。
ウィズコロナの東京五輪を考える。
No.72
ウィズコロナの東京五輪を考える。
先月末、首都圏でも緊急事態宣言が解除されました。第二波がくるのではともいわれ、これからどうなるかはわかりませんが、一時期よりも良い方向には向かっているように思うので前向きに捉えたいと思います...
2020.06.19
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(後編)
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(後編)
No.71
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(後編)
前回の社長日記では、生涯の師とはなにかという考察を書いてみました。そして今回は、2020年2月に亡くなった僕の生涯の師である方についてのエピソードを書いてみたいと思います。 その先生は、太...
2020.05.25
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(前編)
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(前編)
No.70
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(前編)
この社長日記が掲載される5月18日現在は、感染者数こそ日本においては減少傾向にあるものの、いまだニュースはコロナの話題が大半を占めています。人々の関心ごとが何かに集中しているときは、いくら違...
2020.05.18
アフターコロナ時代の「住む場所、働く場所」を考える。『リビング・シフト』本文一部を公開。
アフターコロナ時代の「住む場所、働く場所」を考える。『リビング・シフト』本文一部を公開。
No.69
アフターコロナ時代の「住む場所、働く場所」を考える。『リビング・シフト』本文一部を公開。
以前の社長日記でも少し書きましたが、3月18日に『リビング・シフト』という本を出しました。 リビング・シフトというのは、僕らの造語です。「誰とするか」「何をするか」に加えて、カヤックが大事...
2020.04.21

関連ニュース

カヤック公式ツイッタ @kayac_inc

絶賛更新中!!

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.

学歴・職歴

×

送信

資格・スキル

×

送信

長所短所

×

送信

趣味興味
のあること

×

送信

ポリシーこだわり

×

送信

カヤックの
サービスについて

×

送信

その他

×

送信