面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

Corporate

2019.10.28

#面白法人カヤック社長日記 No.62
面白法人に一年間出向したい人を若干名募集します。

Corporate

画像

働き方改革というキーワードが生まれる前から、カヤックでは様々な働き方に挑戦してきました。

たとえばそのひとつとして、2009年に始めた、面白法人留学制度というのがあります。その名の通り、お互いの社員同士を交換して働いてみようというものです。

正直、他社に出向するという仕組みは以前から一般的にありましたので、それほど目新しい施策ではありませんでしたが、「留学」というキーワードを会社に適用したのが目を引いたと思われるのと、ちょうどITの技術によって、どこでも働ける時代を迎えるタイミングで、一日単位で会社留学できるという気軽さが面白く話題になったのではないかと思います。

その後、この制度が活発になることはなかったのですが、ただ、気づけば他社に出向して学びにいく社員が現れていました。コルクやクラシコムに出向したようです。

一方で、カヤックに出向者を受け入れるというのは最近はそれほどやってきませんでした。これは受け入れる気がなかったというのではなく、あまり積極的に発信してこなかったという状況です。

ただ、以前の社長日記でも「世界の潮流は、境界線のない未来へ向かっている」という記事を書いたように、働き方においても、様々な境界線が希薄になっています。改めて他社からの留学(出向)を受け入れていきたいと思っています。

WEB制作やゲーム開発といった仕事はもちろんですが、昨年から鎌倉で展開している「まちの○○シリーズ」、この秋から始まる「まちのコイン」という地域通貨事業など、地域資本主義を進める取組に参画いただける方を若干名募集します。

IT業界ご出身の方に限らず、会社の垣根を超えて、面白いことをやってみたい、お互いの化学反応を生み出したいという方のご応募をお待ちしています。

募集人数:若干名
諸条件:応相談
期間:半年〜一年間
仕事内容:昨年発信した鎌倉資本主義にまつわる業務(すなわち様々なまちを面白くする業務)

ご希望の方は、下記まで応募ください。
ご応募・お問合せはこちらから

当日記の無断転載は禁じられておりません。大歓迎です。(転載元URLの明記をお願いいたします)

バックナンバー
#面白法人カヤック社長日記

眼球運動が実はマインドフルネスにつながるという話。
眼球運動が実はマインドフルネスにつながるという話。
No.76
眼球運動が実はマインドフルネスにつながるという話。
「上場企業の経営者はストレスが溜まるでしょう?」と質問されることがあります。生きている以上、ストレスがない人生というのはないはずなので、上場企業の経営者といえども特別ではなく一緒ですよ。と答...
2020.09.23
セールスフォース創業者の本を読んで 企業は「正しいことをして稼ぐ」時代だと 思ったという話。
セールスフォース創業者の本を読んで 企業は「正しいことをして稼ぐ」時代だと 思ったという話。
No.75
セールスフォース創業者の本を読んで 企業は「正しいことをして稼ぐ」時代だと 思ったという話。
世界最大の顧客管理ソフトウェア企業セールスフォース・ドットコム。その創業者であるマーク・ベニオフの書いた『トレイルブレイザー: 企業が本気で社会を変える10の思考』という本を出版社からご献本...
2020.09.17
分断をもたらす 「危険なリーダー」について考えたこと、 自分たちにできること。
分断をもたらす 「危険なリーダー」について考えたこと、 自分たちにできること。
No.74
分断をもたらす 「危険なリーダー」について考えたこと、 自分たちにできること。
先日、『危険人物をリーダーに選ばないためにできること』という本を献本していただいて読みました。 ヒトラー、スターリン、毛沢東といった歴史上の人物で、絶大な権力を掌握し、世界を混乱させたリー...
2020.08.21
成功体験は、自分だけではなく 仲間の体験を通して つくることもできるという話。
成功体験は、自分だけではなく 仲間の体験を通して つくることもできるという話。
No.73
成功体験は、自分だけではなく 仲間の体験を通して つくることもできるという話。
今回は成功体験というものについて考えてみたいと思います。 成功体験とは何かとまずは定義するなら、自分の望んでいる結果を手に入れる体験ということだと思います。僕らは、子どもの頃から、ちょっと...
2020.07.02
ウィズコロナの東京五輪を考える。
ウィズコロナの東京五輪を考える。
No.72
ウィズコロナの東京五輪を考える。
先月末、首都圏でも緊急事態宣言が解除されました。第二波がくるのではともいわれ、これからどうなるかはわかりませんが、一時期よりも良い方向には向かっているように思うので前向きに捉えたいと思います...
2020.06.19

関連ニュース

カヤック公式ツイッタ @kayac_inc

絶賛更新中!!

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.