面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

來島 政史

Kijima Masashi

企画部/ディレクター, プランナー, カスタマーサポート

あだ名
きじー
サイコロ給(2021年)
Average 4.33 Rank 17位
來島 政史來島 政史
  • 漫画
  • 実写

FLASHエンジニアからゲームプランナー&サウンドディレクターに社内転職ののち、ライフワークの地域活動に仕事でも取り組みたいと「まちのコイン」事業に異動。丁寧な仕事に定評がある。ドラマーで、音楽への造詣が深い。一時はカヤックを退職してバンドマンとして食っていくと本気で思っていたらしい。


必殺技は?

柳澤大輔のモノマネ

最高の失敗を教えてください。

会社を2週間無断欠勤したこと
http://www.kayac.com/team/episode/viewer/4/

カヤックのどんなところが面白いですか?

同じ会社に14年いると感じないほど、日々変化し続けているところ

子供の頃の夢は?

ファミコンをつくる人

「自分って神がかってる」と思った体験を教えてください。

知人のワンマンライブ前夜に急遽ドラマーの代打依頼がきて、翌日大きなミスもなく知らない曲20曲近くを叩ききったこと。

座右の銘は?

「目標が、その日その日を支配する」 by後藤静香「第一歩」詩の一節より

プロフィール

横須賀生まれ逗子育ち。2007年面白法人カヤック入社。
広告クライアントワーク、ゲーム事業部を経て、現在ちいき資本主義事業部でコミュニティ通貨「まちのコイン」の運用に携わり、鎌倉地域を担当する。

地元の逗子では20代の頃からローカルイベントの企画運営に携わり、2019年からは逗子・葉山のローカルメディア「ズシレコ」編集長としてPodcast配信を続けている。

「自分が住む街が面白くなれば、人生はもっと面白くなる」がポリシー。

■学生時代■

学生時代はバンド活動に明け暮れ、
レコーディングエンジニアを目指し音響の専門学校へ進学。

インディーズCDデビューを果たすも方向性の違いによりバンドを脱退。

■社会人1〜2年目■
就活はまったくせず、趣味で作っていたバンドのWEBサイトをきっかけに
WEB制作の世界へと足を踏み入れる。

■カヤック入社後■

2007年9月にカヤックの兄弟会社クーピーに入社。

広告クライアントワークチームでFlashサイトやゲームを制作。

2010年、モバイルゲーム事業部発足と同時にゲーム事業部へ異動し
当時もはや枯れた技術と言われていたFlashLite1.1を限界まで駆使した
「ぼくらの甲子園!」を企画し、ミニゲームを量産していく。

その後、企画部(ディレクター)に転向し
ソーシャルゲームの運用ディレクター、プロデューサーを経験。

2019年、コミュニティ通貨サービス「まちのコイン」チームに参画。
ライフワークであった地域活動やイベント企画の経験を活かしながら、
まちのコインの普及拡大に注力している。

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.