面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

Corporate

2020.03.06

#面白法人カヤック社長日記 No.68
住み方や移動はどう変わる? 『リビング・シフト』が 新しく刊行されます。

Corporate

画像

『鎌倉資本主義』の本を刊行して約一年半。新しい本が出ることになりました。題名は『リビング・シフト 〜面白法人カヤックが考える未来〜』です。

その名の通り「リビング・シフト」、つまり「住み方の変化」について、あれこれ書いてみました。

思えば創業以来、カヤックでは、会社という枠組みの中で、どうやったら人は面白く働けるか? ということを追求してきました。面白く働くためにこだわったことのひとつは「どこで働くか?」ということです。

鎌倉に本社を置くことはもちろんですが、「旅する支社」という制度をつくって、国内外のあちこちを旅しながら働いたり、いろいろな取組をしてきました。

それから20年。「住む場所」「働く場所」は、どんどん自由になって、多くの人が好きな時に好きな場所で働く。そんな生活にシフトしてきているように感じます。

そんなシフトが起こったら、社会は今後、どのように変わっていくのだろうか。

リビング・シフトがもたらす働き方の変化、コミュニティの変化、ビジネスの変化、そしてお金の変化。そんなことを書いています。

よかったら、読んでみてください。

『リビング・シフト 〜面白法人カヤックが考える未来〜』

画像

当日記の無断転載は禁じられておりません。大歓迎です。(転載元URLの明記をお願いいたします)

バックナンバー
#面白法人カヤック社長日記

生涯の師とは一体どういうことなのかという話(後編)
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(後編)
No.71
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(後編)
前回の社長日記では、生涯の師とはなにかという考察を書いてみました。そして今回は、2020年2月に亡くなった僕の生涯の師である方についてのエピソードを書いてみたいと思います。 その先生は、太...
2020.05.25
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(前編)
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(前編)
No.70
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(前編)
この社長日記が掲載される5月18日現在は、感染者数こそ日本においては減少傾向にあるものの、いまだニュースはコロナの話題が大半を占めています。人々の関心ごとが何かに集中しているときは、いくら違...
2020.05.18
アフターコロナ時代の「住む場所、働く場所」を考える。『リビング・シフト』本文一部を公開。
アフターコロナ時代の「住む場所、働く場所」を考える。『リビング・シフト』本文一部を公開。
No.69
アフターコロナ時代の「住む場所、働く場所」を考える。『リビング・シフト』本文一部を公開。
以前の社長日記でも少し書きましたが、3月18日に『リビング・シフト』という本を出しました。 リビング・シフトというのは、僕らの造語です。「誰とするか」「何をするか」に加えて、カヤックが大事...
2020.04.21
「漫画的ルール」で 生きるということ。
「漫画的ルール」で 生きるということ。
No.67
「漫画的ルール」で 生きるということ。
カヤックの設立経緯については、僕の書籍などでも何度か書いてきました。カヤックの創業者で現・代表取締役の3人(貝畑・久場・柳澤)が、大学卒業時、あみだくじで卒業後の進路を決定します。就職・大学...
2020.02.27
共創でつながる集合住宅 プロジェクト付きアパートメント、 スタートします。
共創でつながる集合住宅 プロジェクト付きアパートメント、 スタートします。
No.66
共創でつながる集合住宅 プロジェクト付きアパートメント、 スタートします。
家族とはなんでしょうか。「同じ家に住み生活を共にする、配偶者および血縁の人々」というのが狭義の意味になります。ただ「家族のようなもの」という広義の意味に広げるなら、家族の形というのは色々ある...
2020.01.10

関連ニュース

カヤック公式ツイッタ @kayac_inc

絶賛更新中!!

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.

学歴・職歴

×

送信

資格・スキル

×

送信

長所短所

×

送信

趣味興味
のあること

×

送信

ポリシーこだわり

×

送信

カヤックの
サービスについて

×

送信

その他

×

送信