面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

Corporate

2019.03.15

#面白法人カヤック社長日記 No.53
僕らはうんこ好きだからうんこに取り組んでいるわけではない

Corporate

メイン

本日3月15日にオープンした人類未体験のエンタメ「うんこミュージアム YOKOHAMA 」
この記念すべき初日を祝して、今回の社長日記では、うんこについてシンプルに。

カヤックでは過去に何度かうんこにまつわるサービスやプロダクトを出してきました。そのせいで「本当にうんこ好きですね」と、半ば呆れた感じで(そこには、賞賛や感嘆といったニュアンスは皆無であり、強いていうなら苦笑に近い)、過去に散々言われてきましたが、僕らがうんこにこだわるのは、単純にうんこ好きだからということではなく(いや好きではあるんですが)、うんこというものがとてつもない可能性を秘めた知的財産(IP)だと思っているからです。

うんこと聞いただけで笑う人がいる。これほど強力なコンテンツはありません。ただ、うんこは誰のものでもない。ソフトウェア業界では、誰のものでもない、誰もが自由に使えるソースコードについて、オープンソースといいます。つまり、うんこという知的財産(IP)は、オープンソースであるといえます。

そのように考えると、オープンソースであり最強の知的財産(IP)でもあるうんこを使って、様々なビジネスをする人が出てくることは必然ですし、その知的財産(IP)の扱いのうまい会社というのもきっとこれからたくさん出て来ます。そうした会社にとっては、うんこという知的財産(IP)は会社の資産となり、様々な恩恵を享受することでしょう。

そこで、その来るべき未来において僕らが提案したいことがあります。それは、どうせなら、うんこを日本の知的財産(IP)にしようということです。世界を見渡しても、うんこにこれほど寛容な国はありません。それはかつて僕が世界に、うんこ演算というアプリを単身輸出したときの、控えめにいっても冷ややかな経験から体感しています。

「UNKO」にまつわる様々なプロダクトやサービスや組織が生まれ出(いず)る国といえば、世界の誰もがNIPPONを思いうかべる。そんなブランディングをしてけば、本来なら誰のものでもないうんこが、あたかも日本の所有する知的財産(IP)のようになります。

そして、うんこは、日本が世界に輸出(排出)できる誇るべきものとして、将来大きなビジネスとしてなっていくはずです。これを、国策として取り組むことを提案したい。

今回は短いですが以上です。

うんこにまつわるインタビューはこちら
うんこミュージアムのチケット予約はこちら
うんこミュージアムのレポートはこちら

当日記の無断転載は禁じられておりません。大歓迎です。(転載元URLの明記をお願いいたします)

バックナンバー
#面白法人カヤック社長日記

面白法人に一年間出向したい人を若干名募集します。
面白法人に一年間出向したい人を若干名募集します。
No.62
面白法人に一年間出向したい人を若干名募集します。
働き方改革というキーワードが生まれる前から、カヤックでは様々な働き方に挑戦してきました。 たとえばそのひとつとして、2009年に始めた、面白法人留学制度というのがあります。その名の通り、お...
2019.10.28
格言を深く突き詰めてみるシリーズ「類は友を呼ぶ」
格言を深く突き詰めてみるシリーズ「類は友を呼ぶ」
No.61
格言を深く突き詰めてみるシリーズ「類は友を呼ぶ」
今回は、久々の「格言を深く突き詰めてみる」シリーズです。過去2回ほどやってみました。 NO.23 ピンチはチャンス NO.24 背水の陣 それほど人気じゃなかったので、その後やっていませんで...
2019.09.13
地域資本主義の説明を さらに簡単に まとめ直してみた
地域資本主義の説明を さらに簡単に まとめ直してみた
No.60
地域資本主義の説明を さらに簡単に まとめ直してみた
鎌倉資本主義(地域資本主義)の本を昨年11月に出してから、9カ月。いろいろと講演依頼もあり、話しているうちに、内容が多少アップデートされてきました。ここらで、もう一度、地域資本主義とは一体何...
2019.08.20
esportsで世界を熱狂させたい  「ワンチャンヒーロー」を生み出すウェルプレイドの挑戦
esportsで世界を熱狂させたい 「ワンチャンヒーロー」を生み出すウェルプレイドの挑戦
No.59
esportsで世界を熱狂させたい 「ワンチャンヒーロー」を生み出すウェルプレイドの挑戦
面白法人カヤックには、esportsの企画運営やマネジメントを行う、ウェルプレイドというグループ会社が存在します。 esportsは、エレクトロニック・スポーツのことです。ゲームをスポーツ...
2019.08.19
地域の指標は 「便利さ」から「面白さ」になる という話。
地域の指標は 「便利さ」から「面白さ」になる という話。
No.58
地域の指標は 「便利さ」から「面白さ」になる という話。
今回の社長日記は、カヤックのトークイベントにご登壇くださった「進め!電波少年」Tプロデューサーこと土屋敏男さん、『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイ...
2019.07.12

関連ニュース

カヤック公式ツイッタ @kayac_inc

絶賛更新中!!

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.

学歴・職歴

×

送信

資格・スキル

×

送信

長所短所

×

送信

趣味興味
のあること

×

送信

ポリシーこだわり

×

送信

カヤックの
サービスについて

×

送信

その他

×

送信