面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

Information

2009.03.27

野中あゆみのお悩み相談

Information

子供が二人います。

子供は自分から生まれていますが、一人の別人格があると思って育てています。ですが、悪いところは本当に自分に似てきてるな~と。。。
親の背中を見て育つ、といいますが親だって人間ですから、そんなにいいとこばかり見せることなどできません。むしろだらくした自分を一番さらけ出しているかもしれません。

「ママはほんと忘れ物だよね、テヘ」、と言いつつ子供には「忘れ物しないで!」と言う。
立って食べたりしながら「座って食べて~」と言う。。
その繰り返し。
これが私だからこれでいいのだ、誠実に接すればいいと思ってはいますが、これでいいのかなと日々迷いもあります。

そこで、同じ2児の親であるやなさんが、子供と接する点においてこれはやったらいいYo!といった気軽な子育てアドバイスあったら知りたいです。


あららら。
今まで人前で子育て論なんて語ったことないですよ。
実はホントにはじめてかも……。
自分自身ダメな親だと思っていますからね。でもせっかく投げられたボールなので、ちゃんと回答します。

じゃぁ、ダメ親ファイルから5つ。

☆その1:
基本的に、ダメ親でも子供はちゃんと育つから大丈夫。って思ってます。
考えてみれば僕は両親を尊敬していますが、でも自分の親が特別にすごい哲学を持っていたかというと、そうでもなくけっこう普通だとも思ってます。
理不尽なこともあったし、というかオヤジなんかは、家で一緒に食事したことがなかったように思います。でもちゃんと僕みたいにすくすく育った。
ってことは、まぁどうやっても大丈夫ってことです。

仮に自分の未熟な部分が露出して、子供がそれによるとばっちりをうけたとしても、それはそれでその子の運命です。どうせ完璧な親なんていないんですから仕方がありません。
日頃から子供に対して「パパとママのいうことは大体は正しいけど、でも未熟でいっぱい間違いもするから一緒に考えていこうね。」ってことを伝えておけばOK。
……と思っています。

☆その2:
子供は「こうなるとやだなぁ・・」と親が思っていると、そう思った通りになるってことです。
ここで風邪ひかれたらやだなぁって思ってると、やっぱり風邪をひいてしまう、とかね。
ほんと、これは子供に限らず世の中の真理かもしれません。
だからまぁ、究極的には何に対しても、どっちでもいいんじゃないだろうか。って思うことです。
……はい。気をつけないと、完全にダメ親的発想ですね。

☆その3:
環境の用意だけは手を抜かない。
自分の人生を振り返った時に、周囲の環境や人との出会い、そこのおかげで今の僕があるように思います。
だから、出来るだけよい環境を用意してあげられるよう協力する事だけは手を抜かないでいようと思っています。
でもどういった環境が良い環境なのかは人それぞれですし、これもいきすぎると 親のエゴになってしまうからね。
難しいところではあります。

☆その4:
子供の話をしっかり聞く。
とりあえずゴネた時など、まず子供の話を真剣に聞く、ということをやろうと意識しています。
しっかりと聞く。それだけである程度、子供はもう満足している。
その後に一緒に、何がいけないのか、何が正しいかを考えてあげる。
まぁでも、日常的に親はイライラする事が一杯ありますからね……。
いいからだまって聞きなさい!っていう理不尽さも、まぁ、仕方がないですよね。

☆その5
1:「相手の立場を想像する」
2:「自分で考える」
3:「ひとのせいにしない」
上記3つの考え方については、よく話し聞かせているように思います。
結局「考える」ことが生きていく上では重要なので、 その力を持った人間になれるようにサポートしたいと思っています。

ってとこでしょうか。
とにかく、まちがいなく僕よりも野中さんの方が真っすぐで立派な親に違いないので、自信もっていってください。

回答者:代表 柳澤大輔

関連ニュース

カヤック公式ツイッタ @kayac_inc

絶賛更新中!!

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.

お好みのデザインに変更できます
5つのテーマから選んでください

学歴・職歴

×

送信

資格・スキル

×

送信

長所短所

×

送信

趣味興味
のあること

×

送信

ポリシーこだわり

×

送信

カヤックの
サービスについて

×

送信

その他

×

送信