面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

Corporate

2016.03.22

#面白法人カヤック社長日記 No.7
自分の成長よりも仲間の成長にコミットする文化をつくる

Corporate

前編の退職率の高い組織が成長していくために大切な3つのこと では、カヤックの退職に対する考え方、また、退職率を下げるための具体的な施策をお話しました。

実はもう1つ、具体的な施策までは落とし込んでいませんが、今後、考え方として広めていきたいなと思っていることがあります。

「カヤックという会社は、自分の成長じゃなく、仲間の成長にコミットしている人しかいません」

そんな風に説明できる組織になったら最高だなと。

考えてみれば、退職者の退職理由を考えた時に、自分のキャリアのことを考えている人が多いことに気が付きました。

「この組織では自分はもう成長できない。」

それはある種、自分のためだけに向かった発言です。もちろん自分の成長というのは楽しいものです。成長してなければほんとにつまらない。ですが一方で、他人の成長がほんとに楽しいと感じる世界もあります。この世界は、意外と深いですし、もっと体験しあいたい。

働く仲間の成長にコミットする組織。それをつくることができれば、結果として新卒社員の在籍年数が伸びることもあるでしょうし、一方で成長していなければ、周囲が背中を押して転職を進めるようなこともあるかもしれない。そして、他者を成長させることが面白いと気づいたら、組織をつくる側に回って残ってくれる人も増えるのではないか。

カヤックには「何をするかよりも誰とするか」や、「仲間を助ける力をもて。仲間に助けてもらう勇気をもて。」といったキーワードがあります。もともと、他者の成長にお互いに貢献しようという組織ではありますが、「自分の成長じゃなく、仲間の成長にコミットしている人しかいません。」こう言い切るに至るまでには相当な覚悟と変化が必要なんだろうと思います。

文化をつくるためには、思想を反映させる仕組みや、それに沿った人事評価システムが必要です。たとえば、単に上司が部下の成長にコミットするだけでなく、部下は上司の成長にもコミットしなければならない評価システムなどです。ここにしっかりと取り組んで行きたい。まだ具体的な施策ではなく方向感だけの話だけですが、宣言しておきたいと思います。

そんなわけで、前編・後編で書いたことに、カヤックの人事部は真剣に取り組んでいきたいと思いますので、カヤックの人事部に入りたい方を募集しております。

※カヤックは全員人事部なので、ここでいう人事部は純粋な人事部チームのことです)。人事の経験者である必要はありません。今の人事部専属社員も4名中3名は前職で人事経験はありません。

当日記の無断転載は禁じられておりません。大歓迎です。(転載元URLの明記をお願いいたします。)

バックナンバー
#面白法人カヤック社長日記

ビジネス書大賞の審査員をしたので 今回は社長書評です。
ビジネス書大賞の審査員をしたので 今回は社長書評です。
No.40
ビジネス書大賞の審査員をしたので 今回は社長書評です。
僕が、社長ブログをはじめたのが32歳。実は、その時まで僕はほとんど本を読まない人でした。しかし自分で文章を書いて発信するようになると、自然に本を読むようになり、今では月20冊前後は読みます。...
2018.05.24
カヤックは、なぜ「コンチ」をつくり続けるべきなのか
カヤックは、なぜ「コンチ」をつくり続けるべきなのか
No.39
カヤックは、なぜ「コンチ」をつくり続けるべきなのか
早くも4月が終わろうとしています。すっかり春ですね。 今回は春らしい記事をひとつ。 面白法人カヤックが生み出したキャラクターのひとつに、ポケットフレンズ「コンチ」というものがあります。 ...
2018.04.25
リーダーじゃない人に向けて書いたリーダー論。
リーダーじゃない人に向けて書いたリーダー論。
No.38
リーダーじゃない人に向けて書いたリーダー論。
僕は面白法人カヤックのCEO、すなわち、組織のリーダーという立場で仕事をしています。 今回は、この立場になってわかったことで、リーダー経験のない人や今後もリーダーになるつもりのない人に、役...
2018.03.12
カヤックが、出資先に期待すること。協力できること。
カヤックが、出資先に期待すること。協力できること。
No.37
カヤックが、出資先に期待すること。協力できること。
2014年にカヤックが上場してから3年経ちました。この3年で、M&Aをしたり新規事業で会社を立ち上げたりしました。結果、連結対象の子会社が7社。それ以外にマイナー出資した会社も徐々に...
2018.02.13
他責思考にまつわる今だからいえる6年前のエピソード
他責思考にまつわる今だからいえる6年前のエピソード
No.36
他責思考にまつわる今だからいえる6年前のエピソード
時々無意識にしてしまうことなのですが、自分の失敗を他責(他人のせい)にしながら、自分自身は気づいていないということがあります。 6年前に僕が経験した事例をお話します。随分昔の話だから、そろ...
2018.01.31

関連ニュース

カヤック公式ツイッタ @kayac_inc

絶賛更新中!!

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.

お好みのデザインに変更できます
5つのテーマから選んでください

学歴・職歴

×

送信

資格・スキル

×

送信

長所短所

×

送信

趣味興味
のあること

×

送信

ポリシーこだわり

×

送信

カヤックの
サービスについて

×

送信

その他

×

送信