面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

Corporate

2016.03.22

#面白法人カヤック社長日記 No.7
自分の成長よりも仲間の成長にコミットする文化をつくる

Corporate

前編の退職率の高い組織が成長していくために大切な3つのこと では、カヤックの退職に対する考え方、また、退職率を下げるための具体的な施策をお話しました。

実はもう1つ、具体的な施策までは落とし込んでいませんが、今後、考え方として広めていきたいなと思っていることがあります。

「カヤックという会社は、自分の成長じゃなく、仲間の成長にコミットしている人しかいません」

そんな風に説明できる組織になったら最高だなと。

考えてみれば、退職者の退職理由を考えた時に、自分のキャリアのことを考えている人が多いことに気が付きました。

「この組織では自分はもう成長できない。」

それはある種、自分のためだけに向かった発言です。もちろん自分の成長というのは楽しいものです。成長してなければほんとにつまらない。ですが一方で、他人の成長がほんとに楽しいと感じる世界もあります。この世界は、意外と深いですし、もっと体験しあいたい。

働く仲間の成長にコミットする組織。それをつくることができれば、結果として新卒社員の在籍年数が伸びることもあるでしょうし、一方で成長していなければ、周囲が背中を押して転職を進めるようなこともあるかもしれない。そして、他者を成長させることが面白いと気づいたら、組織をつくる側に回って残ってくれる人も増えるのではないか。

カヤックには「何をするかよりも誰とするか」や、「仲間を助ける力をもて。仲間に助けてもらう勇気をもて。」といったキーワードがあります。もともと、他者の成長にお互いに貢献しようという組織ではありますが、「自分の成長じゃなく、仲間の成長にコミットしている人しかいません。」こう言い切るに至るまでには相当な覚悟と変化が必要なんだろうと思います。

文化をつくるためには、思想を反映させる仕組みや、それに沿った人事評価システムが必要です。たとえば、単に上司が部下の成長にコミットするだけでなく、部下は上司の成長にもコミットしなければならない評価システムなどです。ここにしっかりと取り組んで行きたい。まだ具体的な施策ではなく方向感だけの話だけですが、宣言しておきたいと思います。

そんなわけで、前編・後編で書いたことに、カヤックの人事部は真剣に取り組んでいきたいと思いますので、カヤックの人事部に入りたい方を募集しております。

※カヤックは全員人事部なので、ここでいう人事部は純粋な人事部チームのことです)。人事の経験者である必要はありません。今の人事部専属社員も4名中3名は前職で人事経験はありません。

当日記の無断転載は禁じられておりません。大歓迎です。(転載元URLの明記をお願いいたします。)

バックナンバー
#面白法人カヤック社長日記

成功体験は、自分だけではなく 仲間の体験を通して つくることもできるという話。
成功体験は、自分だけではなく 仲間の体験を通して つくることもできるという話。
No.73
成功体験は、自分だけではなく 仲間の体験を通して つくることもできるという話。
今回は成功体験というものについて考えてみたいと思います。 成功体験とは何かとまずは定義するなら、自分の望んでいる結果を手に入れる体験ということだと思います。僕らは、子どもの頃から、ちょっと...
2020.07.02
ウィズコロナの東京五輪を考える。
ウィズコロナの東京五輪を考える。
No.72
ウィズコロナの東京五輪を考える。
先月末、首都圏でも緊急事態宣言が解除されました。第二波がくるのではともいわれ、これからどうなるかはわかりませんが、一時期よりも良い方向には向かっているように思うので前向きに捉えたいと思います...
2020.06.19
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(後編)
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(後編)
No.71
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(後編)
前回の社長日記では、生涯の師とはなにかという考察を書いてみました。そして今回は、2020年2月に亡くなった僕の生涯の師である方についてのエピソードを書いてみたいと思います。 その先生は、太...
2020.05.25
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(前編)
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(前編)
No.70
生涯の師とは一体どういうことなのかという話(前編)
この社長日記が掲載される5月18日現在は、感染者数こそ日本においては減少傾向にあるものの、いまだニュースはコロナの話題が大半を占めています。人々の関心ごとが何かに集中しているときは、いくら違...
2020.05.18
アフターコロナ時代の「住む場所、働く場所」を考える。『リビング・シフト』本文一部を公開。
アフターコロナ時代の「住む場所、働く場所」を考える。『リビング・シフト』本文一部を公開。
No.69
アフターコロナ時代の「住む場所、働く場所」を考える。『リビング・シフト』本文一部を公開。
以前の社長日記でも少し書きましたが、3月18日に『リビング・シフト』という本を出しました。 リビング・シフトというのは、僕らの造語です。「誰とするか」「何をするか」に加えて、カヤックが大事...
2020.04.21

関連ニュース

カヤック公式ツイッタ @kayac_inc

絶賛更新中!!

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.

学歴・職歴

×

送信

資格・スキル

×

送信

長所短所

×

送信

趣味興味
のあること

×

送信

ポリシーこだわり

×

送信

カヤックの
サービスについて

×

送信

その他

×

送信