自分の成長よりも仲間の成長にコミットする文化をつくる | 面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

Corporate

2016.03.22

#面白法人カヤック社長日記 No.7
自分の成長よりも仲間の成長にコミットする文化をつくる

Corporate

前編の退職率の高い組織が成長していくために大切な3つのこと では、カヤックの退職に対する考え方、また、退職率を下げるための具体的な施策をお話しました。

実はもう1つ、具体的な施策までは落とし込んでいませんが、今後、考え方として広めていきたいなと思っていることがあります。

「カヤックという会社は、自分の成長じゃなく、仲間の成長にコミットしている人しかいません」

そんな風に説明できる組織になったら最高だなと。

考えてみれば、退職者の退職理由を考えた時に、自分のキャリアのことを考えている人が多いことに気が付きました。

「この組織では自分はもう成長できない。」

それはある種、自分のためだけに向かった発言です。もちろん自分の成長というのは楽しいものです。成長してなければほんとにつまらない。ですが一方で、他人の成長がほんとに楽しいと感じる世界もあります。この世界は、意外と深いですし、もっと体験しあいたい。

働く仲間の成長にコミットする組織。それをつくることができれば、結果として新卒社員の在籍年数が伸びることもあるでしょうし、一方で成長していなければ、周囲が背中を押して転職を進めるようなこともあるかもしれない。そして、他者を成長させることが面白いと気づいたら、組織をつくる側に回って残ってくれる人も増えるのではないか。

カヤックには「何をするかよりも誰とするか」や、「仲間を助ける力をもて。仲間に助けてもらう勇気をもて。」といったキーワードがあります。もともと、他者の成長にお互いに貢献しようという組織ではありますが、「自分の成長じゃなく、仲間の成長にコミットしている人しかいません。」こう言い切るに至るまでには相当な覚悟と変化が必要なんだろうと思います。

文化をつくるためには、思想を反映させる仕組みや、それに沿った人事評価システムが必要です。たとえば、単に上司が部下の成長にコミットするだけでなく、部下は上司の成長にもコミットしなければならない評価システムなどです。ここにしっかりと取り組んで行きたい。まだ具体的な施策ではなく方向感だけの話だけですが、宣言しておきたいと思います。

そんなわけで、前編・後編で書いたことに、カヤックの人事部は真剣に取り組んでいきたいと思いますので、カヤックの人事部に入りたい方を募集しております。

※カヤックは全員人事部なので、ここでいう人事部は純粋な人事部チームのことです)。人事の経験者である必要はありません。今の人事部専属社員も4名中3名は前職で人事経験はありません。

当日記の無断転載は禁じられておりません。大歓迎です。(転載元URLの明記をお願いいたします。)

バックナンバー
#面白法人カヤック社長日記

本当に仕事が「はかどる」ワーケーション先はどこなのか?
本当に仕事が「はかどる」ワーケーション先はどこなのか?
No.106
本当に仕事が「はかどる」ワーケーション先はどこなのか?
2年半ほど前から「地域資本主義オンラインサロン」というものを主宰しています。僕がホストを務め、地方創生やまちづくりのキーパーソンの方々をゲストにお招きして、メンバーのみなさんと一緒にお話を伺...
2022.06.23
ゲームコミュニティサービス「Lobi」を事業譲渡した経緯など。
ゲームコミュニティサービス「Lobi」を事業譲渡した経緯など。
No.105
ゲームコミュニティサービス「Lobi」を事業譲渡した経緯など。
本日、12年間運営を続けてきたゲームコミュニティサービス「Lobi」を事業譲渡いたしました。 今回は、その経緯をお話しします。 Lobiというサービスが生まれた背景 Lobiは元々ナカマッ...
2022.06.01
人生100年時代の定年というものについて考えてみました。
人生100年時代の定年というものについて考えてみました。
No.104
人生100年時代の定年というものについて考えてみました。
今回の社長日記は、いわゆる定年についての話題です。 カヤックでは、まだ定年を迎えた社員はいません。在籍している社員の最高年齢が56歳ですし、高年齢者雇用安定法で、2025年4月からすべての...
2022.05.12
「励ましのサイエンス」 最終回はハゲを励ますための方法論です。
「励ましのサイエンス」 最終回はハゲを励ますための方法論です。
No.103
「励ましのサイエンス」 最終回はハゲを励ますための方法論です。
人はどのように励まされるのか。一体どうやったら人を励ますことができるのか。 なんらかの方法論があるのだとしたら、それを解明したい。そう思って一年間続けてきた「励ましのサイエンス」対談シリー...
2022.04.15
社長(シャチョー)という言葉には まだ知らない効用があったのだと気づいた話。
社長(シャチョー)という言葉には まだ知らない効用があったのだと気づいた話。
No.102
社長(シャチョー)という言葉には まだ知らない効用があったのだと気づいた話。
今回は「社長」というキーワードについて、僕が気づいた話をします。 僕はカヤックを立ち上げて24年。つまり社長業を24年間やってきましたが、いままで、社長という生き物について、あるいはこの社...
2022.04.05

関連ニュース

カヤック公式ツイッタ @kayac_inc

絶賛更新中!!

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.