面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

組織戦略ファースト

組織戦略から事業戦略が生まれる

「何をするかより誰とするか」という言葉を大切にしているということは、組織戦略ファーストの会社だとも言えます。

会社を大きく成長させる上で大事なことは、どのような事業をどうやって伸ばしていくか?という事業戦略をしっかり描くこと。そしてもうひとつが、どのような組織にしていきたいかという組織戦略をしっかり描くこと。この両輪を組み合わせることで、より会社を成長させていくことができます。

そして一般的には、会社をつくる際にこのどちらから先に考えることが多いかというと、ほとんどが事業戦略だと思います。「どのような事業をするか?」が決まっていないと、そもそも会社経営が成立しないからです。

しかしながら、カヤックは、一緒に働きたい仲間3人と、どのような会社にしたいかということだけを考えてスタートしました。つまり、会社をつくってはみたものの、何をするかはまったく決まっていなかったのです。

そして、会社としてスタートを切ったあとも、どんな事業をするかよりも、どんな性格の人と働きたいか?どんな職種が多い組織にしたいか?どういう価値観の人間が評価される組織にしたいか?というように、人のことを中心に考えていました。

つまり、事業戦略より組織戦略を先に考えてきたということです。もちろん、組織が大きくなれば、そんな会社でも事業戦略が重要になります。今ではメインのプロジェクトは、すべて事業戦略をしっかりと構築。どんなに小さなプロジェクトであっても、事業計画書があります。

しかし、事業戦略と組織戦略、どちらからスタートしたのか、これは法人の性格を大きく左右します。カヤックは、「どんな人と、どんな信念で、どんな組織(法人)をつくるか?」にこだわり、そののちに「どんな事業をしたいか?」を考えます。はじめに組織戦略ありき、その上に事業戦略があるのです。

極端な話ですが、互いに尊敬しあえる仲間同士なら、事業は何だってかまわない。そう考えるのが、カヤックの本質であると考えています。

カヤックの組織戦略の核は、「Webクリエイターの集団」であること。

組織戦略というからには、組織におけるしっかりとした考えがなければいけません。戦略とは「絞ること」です。何に絞って戦うのか。それが問われます。

では、カヤックの組織戦略の最大の肝は何でしょうか。それは、社員の9割が「Webクリエイター」で構成されている点です。

職種を絞ると、社内の評価制度を構築するとしても、基準がわかりやすくシンプルなものになります。また、「Webクリエイターが天職だ」と思っている人を極力集めることになりますので、毎日の仕事を楽める人ばかりになる。そして、自分たちの強みもはっきりします。

この他にも、組織戦略とは、「どんな組織にしたいのか?」ということを意図をもってつくっていくことでもあります。

そのために、カヤックでは「面白法人」というコピーを掲げ、ユニークな社内制度を導入し、積極的に理念に沿った社内制度やイベントを実施しています。

一方、採用においても、できるだけオープンに社内情報や方針を発信して、同じ価値観をもった仲間を集めることに力を入れています。鎌倉に本社があるということも価値観を示すメッセージのひとつです。

このように、「どんな会社にしたいのか?」といった価値観をいろいろな場所で提示していくのも、組織戦略のひとつです。

Webクリエイター中心組織のマネジメント法

カヤックでは、Webクリエイターが生んだ各サービスについて、事業としてのポートフォリオとライフサイクルを的確に判断し、市場を見据えて、スピーディかつ最適にWebクリエイターのリソースを配分しています。

フレキシブルなアサインシステム

カヤックでは、「プロジェクトチーム制」を導入しています。固定の事業部やチームといった形式ではなく、プロジェクト単位で最適なクリエイターのアサインをフレキシブルに行えるという点が特長です。

会社全体で常時、多くのプロジェクトが同時進行していて、社員一人当たり複数のプロジェクトに関わっています。これにより、事業戦略としては、事業の成長スピードに合わせた迅速なリソース配分が可能となり、利益を担保できます。

即席でチームにアサインするメンバーがスムーズに働けるようなチームビルディングのシステムが、カヤックにはあります。

この制度が実現できるのは、職種をWebクリエイター(ディレクター、エンジニア、デザイナー)の3職種に絞り込んでいるからとも言えます。

同じ職種だからこそ、比較的スムーズにメンバーの入れ替えができるのです。また、クリエイターには、事業部や○○所属といった垣根がなく、自社サービス、クライアントワーク、ゲームなど、さまざまなプロジェクトで働くことができます。

つまり、クリエイターは事業の壁を超えて、自分のやりたいことを実現できるのです。

これは、カヤックが求めているクリエイター像とも一致します。

ひとつの事業にとどまることなく、自分の強みをさまざまな事業に生かしていき、変化を楽しめるクリエイター。そういう人たちが集まる集団であることが、面白コンテンツをつくり続けるために必要な要素です。

さまざまなコンテンツやサービスの開発を経験することができ、さまざまなメンバーとチームを組んで仕事ができる。そうやって、絶えず刺激を受け、成長できる環境がクリエイターにとって、一番いい組織だと考えています。

この「プロジェクトチーム制」というシステムは、自社サービス事業、クライアントワーク事業、ソーシャルゲーム事業と、3つの大きく異なる事業をもつカヤックの強みを生かした独自の組織マネジメント方法なのです。

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.

お好みのデザインに変更できます
5つのテーマから選んでください

学歴・職歴

×

送信

資格・スキル

×

送信

長所短所

×

送信

趣味興味
のあること

×

送信

ポリシーこだわり

×

送信

カヤックの
サービスについて

×

送信

その他

×

送信