面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

出資・M&Aに対する考え方

企業というものは、人が生み出した人工物です。だから、ルール上は、売ったり買ったりできるということになっています。しかし、そんな人工的なものの中にいるのは、生身の人間です。そんなにドライなものではないと思うのです。

だからこそ、僕らが出資やM&Aをするとき、いちばんこだわりたいのは一緒になる仲間です。お互いに尊敬して成長し合えるかどうか。まずは経営陣同士で、徹底的に相性を確かめ合いたいと思います。経営層が信頼し合っていなければ、現場が仲良くなるわけがないからです。

また、本来M&Aは、情報の性質上経営陣だけで決めるというケースが多いとは思います。しかし、本当は事前に現場同士で会って、組んだらどんなシナジーが生まれるかを考える機会を設けたいと思うのです。その過程できっと相性もわかるのではないかと思います。

シナジーには、大別すると、一緒になることで新たな価値が生まれ、売り上げが上がるという側面と、一緒になることで効率化が進みコストが下がるという側面があります。ですが、実際にM&Aしてからシナジーを出せるかどうかは、お互いの覚悟の問題だと思うのです。

カヤックでは各事業にシナジー担当が任命されており、毎月1回、他事業とどのようなシナジーが考えられるかを必死に考える会議があります。特にカヤックのクライアントワーク事業部がハブとなって各事業やグループ会社とのシナジーを増やす仕組みを考えています。

カヤックは、非常にシナジーを出すのがうまい、そんな生態系をつくりたいと考えています。

ところで、シナジーが出せそうな事業、会社とはどういうものでしょうか。

1つ目は、もともとカヤックは、社員の90%がWebクリエイターの会社です。Web上での高い技術や優れたクリエイティブが競争優位性につながるような事業は、カヤックのWebクリエイターが全面バックアップしますので、すぐにシナジーが出せるのではないかと思っています。

そして、2つ目は、理念に投資している会社とご一緒したいと思っています。

「理念を大切にしているかどうか?」これは定量的に測れるようなものではなく、非常にあいまいなものであるのが難しいところですが、具体的には一人ひとりの社員が理念を見つめなおすための仕組みや、理念に基づいた評価制度が具体的にあるかどうかだと考えています。

そして毎年それを見直して、バージョンアップしているかどうか。そういう計画があるかどうか。それを条件として問いたいと思います。また、ない場合はカヤックのコーポレートチームが組織開発の支援を行います。

理念の重要性については、経営陣であれば大半の方はご承知のことでしょう。ですが、本当にそれがあらゆる企業活動において最重要なのだということを、心の底から腹落ちした経営というのは僕らも含めてまだまだ追求する余地があるかと思います。

理念は自分の信念を強くしたり、決断を早くするという精神論において有効なものではなく、理念を見つめ直し徹底的に考えるようなプロセスが社内にあることで、結果的に事業軸においても組織軸においてもイノベーションが起きることにつながるものだと僕らは信じています。

逆に言うと、そこまでの効果が出ない理念は、未熟なので見直したほうがよい、とすら考えています。これは僕らもまだまだ十分にできていませんので、僕らとともに切磋琢磨する会社に投資したいと思うのです。

そして、これは言い換えると、「理念の重要性に投資できる会社」に投資をしたいとも言えます。理念といった無形のものの場合、短期的に見ると、投資したものは返ってきません。ただ、長期的に投資をすることで必ず価値となって返ってくるものです。

それはクリエイティブに対する投資とも同じです。一貫した理念があるから、一貫したクリエイティブとなり、無形のクリエイティブに投資するからこそ、理念を反映したブランドを構築することができます。つまり理念にこだわった会社だからこそ、カヤックのクリエイターとシナジーがあるのだと考えています。

カヤックと資本提携をして、一緒に切磋琢磨したいという方、熱烈大歓迎です。お待ちしております。

カヤック的事業提携の考え方

代表柳澤から事業提携で仲間になる社員の皆さまへ向けたメッセージです。

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.

お好みのデザインに変更できます
5つのテーマから選んでください

学歴・職歴

×

送信

資格・スキル

×

送信

長所短所

×

送信

趣味興味
のあること

×

送信

ポリシーこだわり

×

送信

カヤックの
サービスについて

×

送信

その他

×

送信