面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

Services

2021.02.03

文具業界初...?プラスからハイブリッドカー誕生!? ”新車発表会”の動画・サイトを2月3日公開

Services

プラス株式会社(東京都港区 代表取締役社長 今泉忠久)が2月3日に発売する車型の鉛筆削り「ハシレ!エンピツケズリ!」の魅力を、”新車発表会”のパロディで伝えるPR動画と特設サイトの企画・制作をカヤックがお手伝いしました。

「ハシレ!エンピツケズリ!」は、指先の力で回す従来の手動式鉛筆削りを、重い、難しいと感じる子どもたちを救うために開発された、車型の鉛筆削りです。腕や肩、体重を使い、車体を前後に動かすだけで、軽く、簡単に鉛筆を削ることができる、まさに遊びと学びのハイブリッドカー!
まるで本物の”新車発表会”のようなパロディ満載の動画および特設サイトに、ぜひご注目ください。

▼URL : https://bungu.plus.co.jp/special/st/hashire/

■まるで新車カタログのような機能紹介の特設サイト

本製品は、車型という特長に加えて、前だけではなく後ろに動かしても削れる新開発の”1wayギア”や、鉛筆の削り終わりを音でお知らせする”トンガリ検知機能”など、実用性を兼ね備えた多機能さが魅力です。特設サイトでは、その特長を「らくらく運転システム」「万が一の事故に備えた安全設計」など、新車カタログに出てくるような表現で楽しく紹介しています。

<サイト画面>

■CEOが登壇する新車発表会と思いきや・・子どもが同時通訳!?

本PR動画も、新車発表会のパロディ要素を散りばめ、製品の特長を面白く伝えています。CEO(Chief Enpitsukezuri Officer)として、ケーズル・ペンシル氏が登壇し、英語で製品のプレゼンテーションを実施。一見、新車発表会にありそうなシーンですが、よくよく聞いてみると同時通訳は6歳の男の子。真面目にプレゼンテーションしていたCEOにもなにやら異変が起き....意外な展開にほっこりするので最後まで必見です。

プラス株式会社の新車発表会!?に登壇する、CEO(Chief Enpitsukezuri Officer)ケーズル・ペンシル氏

手のひらサイズの新車を発表。その様子を同時通訳する6歳の男の子

データを使った説得力のあるプレゼン・・?

プレゼンそっちのけで、「ハシレ!エンピツケズリ!」で遊び始める、CEO…

果たして無事に発表会は終わるのか!?

≪製品概要≫
【製品名】 ハシレ!エンピツケズリ!
【外形寸法】 W79×D155×H62 (mm)
【主材質】 本体:ABS、刃:スチール
【発売日】 2021年2月3日
【販売ルート】文具店、専門店、インターネット通販など
【特設サイト】https://bungu.plus.co.jp/special/st/hashire/
【仕様・価格】

品名 ハシレ!エンピツケズリ!
カラー レッド、ブルー、イエロー
品番 FS-660
価格(税抜) 3,000円
品名 ハシレ!エンピツケズリ!専用替刃
カラー レクリア
品番 FS-660R
価格(税抜) 320円

●対象年齢:5歳以上 ●付属品:取扱説明書、替刃2個(1個装着済み)
●切削可能鉛筆:直径8mm、硬度HB~4Bの木質鉛筆

関連ニュース

カヤック公式ツイッタ @kayac_inc

絶賛更新中!!

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.