面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

Services

2021.01.06

鎌倉市、コミュニティ通貨「まちのコイン」を使った「SDGsつながりポイント事業」を1月19日から運用開始

Services

プレスリリース報道関係社各位

〜コロナ禍を機に地域の魅力再発見、 市民と事業者が「共創」するまちづくりに活用 〜

株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔))が開発・提供するコミュニティ通貨(電子地域通貨)サービス「まちのコイン」が、鎌倉市の「SDGsつながりポイント事業」で導入されることをお知らせいたします。本事業は、鎌倉市におけるSDGsへの意識醸成、人やコミュニティ等とのつながりの創出及び、その可視化を通じて、地域課題の解決や地域経済の活性化、SDGsの達成に向けた取組の推進を目的に実施されます。本日1月5日(火)からスポット登録を開始し、1月19日(火)から鎌倉市全域でポイント運用を開始します。

事業背景:SDGsの”自分ごと化”と市民・事業者の「共創」によるまちづくりを推進

 本事業は、神奈川県が、SDGsの達成を図るため、地域の社会的課題の解決に向けた活動に、カヤックが開発したコミュニティ通貨(電子地域通貨)サービス「まちのコイン」を活用し、住民、店舗・企業の直接・間接的な参加を促し、地域活性化とSDGsの”自分ごと化”を図ることを目的に立ち上げました。
 鎌倉市は、2018年6月に国から「SDGs未来都市」に選定されるとともに、第3次鎌倉市総合計画第4期基本計画にSDGsの理念を反映させる等、SDGs達成に向けた取組を推進しています。2019年11月21日から12月18日までの約4週間、鎌倉市御成町近辺のエリアで実施された本事業の実証実験は、プラごみ削減やフードロス対策などの活動でポイントを獲得・利用でき、SDGsに関する活動をより身近に楽しく”自分ごと化”できる機会となりました。
 また一方で、現在拡大する新型コロナウイルス感染症により、鎌倉市でも地域経済、特に飲食店に大きな影響を及ぼしています。その中で地元を応援したいと考える市民も多く、市民の有志がテイクアウトマップを作成したり、当社でもテイクアウト店舗リストを当社サイトに掲出するなど事業者を支援する活動が出てきています。こうした市民と地元のお店・事業者のつながりをつくるきっかけとしても「SDGsつながりポイント」は活用できると考え、導入が決定いたしました。

事業概要

開始時期:2021年1月19日(火)
利用場所:鎌倉市大船地区、鎌倉駅周辺、腰越地区の店舗
利用方法:「まちのコイン」アプリをApp StoreおよびGoogle Playでダウンロードし、1月19日(火)から地域表示を「鎌倉」に選択し利用開始

「SDGsつながりポイント」導入スポット(加盟店、団体)の募集開始

本日1月5日(火)から「まちのコイン」を導入いただけるスポット(加盟店、団体)の募集を開始いたしました。導入は無料で、スマートフォンにスポット用アプリをダウンロードいただき、ポイントの獲得・利用方法を示す”チケット”を作成いただきます。お店のPRやファンづくりにもつながりますので、ぜひ関心のある方はお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ先:regional-info@kayac.com

関連ニュース

カヤック公式ツイッタ @kayac_inc

絶賛更新中!!

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.