面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

Services

2015.12.22

#クリエイターズインタビュー No.43
ここがスゴイよ!! Lobiのマルチプレイヤー マッチング機能。

Services

カヤックの「Lobi -チャット&ゲームコミュニティ-」(以下「Lobi」)から、詳細な条件を指定し、自分好みのメンバー募集をして一緒にプレイできるマルチプレイヤー マッチング機能がリリースされました。

マルチプレイがゲーム界ですでにメジャーになっている中で、Lobiのマルチプレイヤー マッチング機能は、一体どこがスゴイのか。設計に携わったメンバーに、強みと制作の裏側をききました。

画像左から、越後壮平、亀田京介、諸岡明

純粋に楽しむだけに集中できる、機能づくりを目指した。

―Lobiのマルチプレイヤー マッチング機能の開発に至った背景を教えてください。

亀田
マルチプレイって、一緒にプレイする仲間を募って、集まったメンバーと協力してゲームを楽しむものなんですよね。
今はそれが一般的なゲームの遊び方の一つになっていますが、「マルチプレイをもっと楽しめる方法があるのではないか。」「もっとストレスなく楽しめる方法はないか。」と思い、Lobiでマルチプレイヤー マッチング機能の開発を始めました。
越後
そうですね。加えて、最近のヒットタイトルにはマルチプレイ対応のものが多くなってきているので、Lobiとしてもそれをアシストしていきたいと。
それぞれのゲームやアプリ内ですでに実装されてはいますが、遊び方や使い方がそれぞれ異なるので、もっとサクサク遊べるようになんとか工夫したいと思っていました。
亀田
マルチプレイをするとき、掲示板で募集をするのが一般的ですが、少し無味乾燥というかドライに感じていた部分があって。そのグループのゲームやミッションが終わった後、そこで仲間が解散になってしまったりする虚無感がありました。
なのでそこを解消してもっとコミュニケーションが継続的に生まれる仕組みにしたいなと。あとは、めんどくささを排除して、楽しむだけに集中できる機能づくりってのが企画構想のはじめにありました。

―一般的な「マルチプレイ募集」機能と、Lobiのマルチプレイヤー マッチング機能の違いを一言で言うと?

亀田
ひとつはマルチプレイ募集中に、募集画面を開いてずっと待たなくていいことですね。一緒に遊ぶ仲間が集まるまで待ちの状態がつづくのって、結構ストレスだったりするんですよね。
越後
人の集まりが悪くて、しびれを切らして誰かが抜けちゃったり……笑
亀田
そうそう。それがLobiのマルチプレイヤー マッチング機能の場合、ゲームプレイヤーとマッチングするとプッシュ通知が来るように設計してあるので、ずっと待たなくていいんです。
もちろん、待っている間に他のアプリを使用したり、先にゲームを進めておくことも可能です。もうひとつは、“本当に必要な募集”だけを探せるということ。実際、マルチプレイの募集ってものすごい数があるんですよ。その上、募集が終了したものなども掲載されたままだったり。
Lobiのマルチプレイでは、募集が終了した場合、募集ページには表示されないので、募集するのも応募するのもめちゃくちゃラクチンです。
越後
僕の感じるLobiマルチプレイのいいところは、周回プレイ向きという点ですね。周回プレイとは、同じステージを何度も周ることでアイテムを集めたり、レベルをあげたりするプレイスタイルのことを指すのですが、通常の「マルチプレイ募集」機能だとミッションクリア後はグループが解散になってしまいます。
そのため、また同じメンバーで同じステージをまわるためには、他の場所で連絡を取り合わなければいけません。
Lobiのマルチプレイヤー マッチング機能では、ゲームプレイヤーとのマッチングが成立したら、メンバーとのプライベートチャットが自動的に生成されるので、ミッションをクリアしたあとも「今度はあのアイテム取りに行こうぜ!」といった風にどんどん盛り上がれるようになっています。

画像

―ゲームプレイヤーへのアフターケアがやさしいんですね。

諸岡
一緒にプレイするだけでいいのであれば、ふつうのゲームの中にあるマルチプレイでいいと思うんです。そもそもLobiは、さまざまなゲームをプレイしていたり、他のゲームプレイヤーとコミュニケーションをとりたいというアツいゲームプレイヤーが集う場所なので、もっと深くつながれたり、世界を広げられるような工夫をしていきました。

ゲームに対する熱い思いが語れる、プロフィールページ。

―特におすすめする機能は何ですか?

越後
ゲームタイトルごとのプロフィールページは是非使ってほしいですね!
諸岡
たしかに!!

画像

越後
今までのプロフィールページは、限られた文字数の中で工夫をして自身のプロフィールを記入してもらっていましたが、ゲームタイトルごとにプロフィールや画像を設定できるようになりました。わかる人にしかわからないコアな自己紹介も書けますし、ゲームに対するアツイ想いもしっかり語ってもらえます!
1月にはゲームのプレイヤーステータスが自動でプロフィールに入力され、最新情報を保つことができる機能も構築しました。様々なゲームタイトルと連携していく予定です。

―きょうは貴重なお時間ありがとうございました。

仲間の見つけやすさと使いやすさがダブルで進化した!まさに最高のマルチプレイヤー マッチング機能。また、ゲームアプリのプレイヤーステータスをLobi上で自動的に表示できる環境を構築します。

2016年1月以降、連撃アクションRPG「ソウルアームズ」( Wright Flyer Studios )などといった様々なタイトルとの連携を予定!これでさらに各ゲームタイトルが熱く盛り上がること間違いなしですね。

マルチプレイヤー マッチング機能」
https://web.lobi.co/blog/news/ab574bae9942acf08a474fda22bb0c6d0035f504

バックナンバー
#クリエイターズインタビュー

ブレストが授業を変える!?カヤックのブレストが鎌倉の中学生に届くまで
ブレストが授業を変える!?カヤックのブレストが鎌倉の中学生に届くまで
No.49
ブレストが授業を変える!?カヤックのブレストが鎌倉の中学生に届くまで
昨年、SFC(慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス)の創立25周年を記念して、卒業生と在校生が一緒に取り組むプロジェクト「未来創造塾」が立ち上がりました。 SFC卒業生が母校で在校生向けに、各々自由...
2016.04.11
日本のデザイナーの活躍を世界に広げていく。iichiの新たな挑戦とは
日本のデザイナーの活躍を世界に広げていく。iichiの新たな挑戦とは
No.48
日本のデザイナーの活躍を世界に広げていく。iichiの新たな挑戦とは
カヤックが2012年から出資してきたハンドメイドマーケットプレイス「iichi(いいち)」。「つくる人を増やす」を企業理念とするカヤックとスタンスも近く、5年に渡って良好な関係を築いてきました。...
2016.03.16
ネーミングサービス「KOTODAMA」を新潟の高校生に譲りました【対談あり】
ネーミングサービス「KOTODAMA」を新潟の高校生に譲りました【対談あり】
No.47
ネーミングサービス「KOTODAMA」を新潟の高校生に譲りました【対談あり】
カヤックコピー部のコピーライターがあなたに代わって、ネーミングやキャッチコピーを考えるサービス「KOTODAMA」。 2012年にオープンしてからの約3年半、華道教室の名前・玉ねぎの苗の名...
2016.03.03
剣を振ってキャラクターたちと一緒に闘う衝撃の体験「乖離性ミリオンアーサーVRデモ」を開発!
剣を振ってキャラクターたちと一緒に闘う衝撃の体験「乖離性ミリオンアーサーVRデモ」を開発!
No.46
剣を振ってキャラクターたちと一緒に闘う衝撃の体験「乖離性ミリオンアーサーVRデモ」を開発!
カヤックで、スクウェア・エニックスさまの人気スマートフォンゲーム「乖離性ミリオンアーサー」VRコンテンツ開発のお手伝いをしました。 「乖離性ミリオンアーサー」といえば1,300万DL超のヒ...
2016.03.02
カヤック流!エイプリルフールに流行るコンテンツをつくるコツ
カヤック流!エイプリルフールに流行るコンテンツをつくるコツ
No.45
カヤック流!エイプリルフールに流行るコンテンツをつくるコツ
毎年インターネット上では、多くのエイプリルフールネタが公開されていますが、昨年度カヤックは自社企画で3本、受託コンテンツも複数手がけました。 そこで今回は、2015年のエイプリルフール企画を振...
2016.01.28

関連ニュース

カヤック公式ツイッタ @kayac_inc

絶賛更新中!!

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.

お好みのデザインに変更できます
5つのテーマから選んでください

学歴・職歴

×

送信

資格・スキル

×

送信

長所短所

×

送信

趣味興味
のあること

×

送信

ポリシーこだわり

×

送信

カヤックの
サービスについて

×

送信

その他

×

送信