面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

Information

2011.06.06

ワガシャのホープ「村井孝至」

Information

言わせてください。「この漢(ヲトコ)は最高です」

多分カヤックにおける問題児ベスト3に入るといえば、この漢、村井孝至

面接時の彼のことも、僕ははっきりと覚えています。

「何かほかの会社とかいろいろみたけど、今1つピンとこなかったんすよ。カヤックとかおもろそうだなと思って……」

と、相変わらずのタメぐち調で、何ならガムとか噛んでたぐらいのノリだったかと思います。まぁでも、当時彼は20歳とかそんなもの。気長に社会性が身に付くのを待ちましょう。ということで採用。

で、確かに入社後いろんな問題は起こしてはいますが(笑)、でも、カヤックにおけるもっとも重要な指標。Flasherとして「いいものをつくろう」という情熱。そこは、信頼できる。そして腕も確か。

Flashのみならず、動きや演出というものに焦点を置き、そのたぐいの情報収集やツールの勉強に余念がないという評判をよく耳にします。そして、それは、彼のつくるFlash表現に如実に現われており、インタフェースの使い勝手、アニメーションの気持ちよさには安定感がある。

僕は年賀プロジェクト他、何度かプロジェクトで一緒にチームを組んでいますが、いいものをつくろうと思ったときに指名をしたい1人です。

そして、彼のぶっきらぼうキャラとして意外なのが、テレアポで鍛えたという、その電話対応のうまさ。電話対応って意外と向き不向きが分かれるもので、苦手な人はシドロモドロになってしまいますが、彼の華麗な電話さばきを見ると、けっこう器用な人間なのではないかと思うのです。

問題児と言われているだけあって、確かにCCOである久場君にはよく叱られてはいます。でも一方で、この久場君が「村井はやっぱり安心感はあるよ。うちあわせでばんばんアイデア出すし、しっかり話してくれる。」と評していることも事実です。

確かに、もともと論理的思考が得意な人間だと思います。そして、見た目や口調や態度から誤解を受け易いタイプではありますが、実は、筋の通った話はちゃんと聞いている。自分が認めていない人の話はあまり聞かない、という頑固さが以前はありましたが、今はそこも以前よりも柔軟に貪欲に自分の糧とする姿勢が見られる。

しかも、孤独風に見せて、実は意外とさびしがり屋なんじゃないですか。村井君。他のFlashDeveloperが困っていると、メンドーそうな顔をしつつも、最後までとことんつきあったりするという話を聞くと、隠れツンデレキャラなのかもしれません。

上記で問題児と書いたものの、もしかしたら単にアピール下手なのかもしれません。人としてもクリエイターとしても、まだまだ上にいけると僕は思っています。

この先どこまで伸びていくのか!?という末恐ろしさを覚え、武者震いさえ感じております。
せん越ながら、今後も今の自分に満足することなく、謙虚さ、素直さを忘れず、常に変化し続けていって欲しいという思いと共に、万歳三唱を贈りたいとおもいます。
賛辞者:代表 柳澤大輔

関連ニュース

カヤック公式ツイッタ @kayac_inc

絶賛更新中!!

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.

お好みのデザインに変更できます
5つのテーマから選んでください

学歴・職歴

×

送信

資格・スキル

×

送信

長所短所

×

送信

趣味興味
のあること

×

送信

ポリシーこだわり

×

送信

カヤックの
サービスについて

×

送信

その他

×

送信