面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

Services

2021.05.24

本編に浜松は一切登場なし!?カオスすぎる内容に浜松の本気と狂気 を感じる 15 分の PR ショートムービー「不理想家族」本日公開 ~東京で働くのはもう時代遅れ!? 浜松が移住を強烈にアピール~

Services

プレスリリース報道関係社各位

▼ショートムービー『不理想家族』https://youtu.be/DLZoEXBlAI4

株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、東証マザーズ:3904、以下「カヤック」)は、静岡県浜松市への移住、ベンチャー企業誘致促進PRのために、ショートムービー『不理想家族』を企画制作し、5月24日(月)にYouTubeなどで公開いたしました。

■企画背景:都心近郊なのに「コロナ移住ブーム」の恩恵なし!?「浜松にぜひ来てほしい」という強い思いが生んだ狂気の作品

近年、新型コロナウイルスの感染拡大によりテレワークを導入する企業が増え、住む場所の制限がなくなったことや、働き方・暮らし方を見直す人も増えてきたことで、地方移住への関心が高まっています。特に東京からの人口流出が顕著となる一方で、月に1回は出勤するなどの理由から都心から1〜2時間で移動できる地方が人気となっています。

しかしながら、都心近郊の「コロナ移住ブーム」であっても浜松市への転入者は増えず、2020年の転入者数は昨対比95%とむしろ減っているのが現状です。新幹線で東京、大阪から1時間半と大都市からのアクセスが良く、海や浜名湖などの自然も楽しめる地理的な魅力。そして、日本有数の「ものづくり都市」としても有名で、何事にも果敢に挑戦してみようという気質「やらまいか精神」が根付いている浜松市では起業支援も強みです。この知られざる浜松市の魅力、強みを15分に詰め込んだのが、 このショートムービー「不理想家族」です。
浜松のシーンは本編には一切出てこないという、シティプロモーションとしては前代未聞の挑戦作品になっています。ぜひ、最後まで見逃さずご注目ください。

■ストーリー

夫婦の関係を軸にした家族3人の物語。
夫は、東京の会社で働くが、いつも仕事が忙しく、平日は毎日夜遅く、休日は仕事仲間との付き合いもあり、なかなか家族との時間を過ごせずにいた。
一方、妻は、そんな夫を理解しつつも、どこか今の東京での暮らしに寂しさを感じ、離婚することを考えていた。
離婚後は、幼い娘と一緒に田舎の実家に帰る予定だったが、
予測不可能な展開の連続で、物語は意外な方向へ進んでいく・・・

夫婦の関係は冷め、会話もほとんどない

いつも一人で寂しく遊ぶ娘

娘と一緒に実家に帰る妻

え?外国人シンガー!?

※衝撃が強いため、ラストのネタバレ注意でお願いします。

■浜松市担当者からのコメント

浜松市には都会暮らしの便利さと、田舎暮らしの穏やかさがあり、また挑戦できる風土があります。 地方移住を考えている人、起業を考えている人にぜひ浜松の良さを知ってほしいと思い、この動画を製作しました。一般的に知られているような浜松市のイメージ動画ではなく、ベンチャーフレンドリーな街ということを、強烈に印象づける動画になっています。 この『不理想家族』に出てくるご家族のように、新しい一歩を踏み出そうとしている方を浜松では全力で応援しています!多くの方に見ていただき、その人らしい仕草や暮らしがみつかる街であることが伝われば嬉しいです。

■脚本・監督 平野俊介からのコメント

この案件、実は今年の1月中旬に撮影予定でしたが、コロナによる緊急事態宣言の延長に次ぐ延長で、撮影が何度も延期されてしまい、ようやく4月に撮影することができました。撮影延期が決定される度に、スタッフやロケ地も変わり、撮影準備も水の泡になり、体力もどんどん削られました。
途中、完全に心が折れてしまった時期もありましたが、なんとか無事公開までたどり着けて、ホッとしています。このプロジェクトに関わった皆さん、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。

関連ニュース

カヤック公式ツイッタ @kayac_inc

絶賛更新中!!

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.