面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

Services

2020.07.13

延べ6500人が参加!SMOUT初のオンラインイベント『みんなの移住フェス2020・オンライン』イベントレポート

Services

地域に行きたい人と地域の人をつなぐ移住スカウトサービス『SMOUT』は、6月26日(金)10:00から27日(土)16:00までの合計30時間で、『みんなの移住フェス2020・オンライン』を開催しました。

新型コロナウイルスの影響により移住関連のイベントが中止や延期になる一方で、テレワーク推奨などにより、これまでの働き方や暮らし方を見直す人が増えてきています。SMOUTの新規登録者数も5月から急増し、過去最高の数字を更新しました(6月もさらに最多更新!)
こういう時期だからこそ、地域のことを知り、地域の人とつながり、好きな暮らし方を見つけてほしいという思いから、オンライン上で完結する移住イベントを開催しました。

みんなの移住フェス2020・オンライン

2日間で延べ6500人が参加!

本イベントには、全国74の地域にご参加いただき、約6500人の地域への移住に関心の高い方に楽しんでいただきました。
■参加者数 : 約6500人(Youtubeの視聴者+LPで視聴したユニークユーザー数)
■個別相談予約数 : 105件
■地域の情報を収集できるSlackへの一般参加数 : 約400人
■参加地域数 : 74地域

地域を知る・感じる30時間ノンストップのLIVE配信ステージ

今回、地域の皆さんや地域に関わる方々が1時間おきにLIVE配信ステージに登壇し、「地域の仕事」や「SMOUT県民ショータイム」「SMOUT大喜利」など様々な切り口で魅力や個性を伝えていただきました。住民が実はちょっと自慢だと思っていることを大喜利形式でお話いただいたりと、地域や地域の人の個性あふれる場面が満載でした。

「日本酒からはじめるローカルの楽しみ方」の様子

<LIVE配信ステージコンテンツ一例>
■ 視聴数NO.1 「つい関わりたくなる地域のつくり方」登壇:元任天堂玉城真一郎さん
LIVE配信のトップバッターは、ついやってしまう体験のつくり方」の著者 玉城真一郎さんに登壇いただいたこちら。体験のデザインは地域とのつながりつくりにとっても重要であるというお話が多くの人の心に気付きがあったようです。

■ ARフィルターを使った覆面対談!「ローカルAR座談会」
ご当地ARフィルターで見事にご当地キャラに変身した市役所のご担当の方が地域をご紹介したり、また「これからの複業のカタチ」では複業×地域の事例や踏み出し方など、これからの働き方のヒントとなる内容でした。

■ 3地域の首長対談「WITHコロナ・ローカルの役割」
WITHコロナ時代、それぞれの首長が考える地方移住や関係人口について、熱く語っていただきました。

■ 日本酒を共通点とする地域が対談「日本酒からはじめるローカルの楽しみ方」
日本酒を通して地域の魅力や文化、関わる人々のエピソードを伺えました。

■ お酒を飲みながら語る地域の魅力「オンラインスナック♪」
深夜帯の「オンラインスナック♪」では、よりフレンドリーな雰囲気で、地域それぞれの特色を皆さんにお届けできたようです。

■ 株式会社スノーピーク高井氏×面白法人カヤック柳澤「WITHコロナのこれから。ひとりひとりが好きな生き方を追求するには?」
スノーピークさんが推進する『人間性の回復』についてのお話や、柳澤から現在の資本主義社会の課題の話、視聴者からの東京一極集中に関する質問など、参加型で活発なステージとなりました。

地域の情報を収集できるSlackで多くの出会いが

『みんなの移住フェス』では、地域に興味のある皆さんが好きな方法で地域の情報に触れたり、人々とつながれるよう、いくつかの接点を用意しました。そのひとつがSlackの活用でした。地域に興味のある皆さんと、地域の皆さんがSlackにて情報発信やメッセージのやり取りや、LIVE配信ステージの感想など、自由にブースを歩き回るような感覚で参加いただけくことができました。約400人の地域に興味のある方がSlackに参加されました。

好きな場所から好きなタイミングでオンライン個別相談を

お話を聞いてみたい地域や地域の人が見つかったら、オンライン個別相談。個別相談ページから、好きな日時を指定して予約し、ZOOMやGoogle meetなどオンライン会議ツールを使って、ご自宅など好きな場所から地域の方と相談いただくことができました。2日間で105件の個別相談の機会がうまれ、その後、地域おこし協力隊への応募や、地域への訪問につながるケースもあったようです。

引き続き、個別移住相談は下記のWebサイトから受け付けています。
SMOUTオンライン移住相談センター

新しい生活の様式へ

今回の『みんなの移住フェス2020・オンライン』は、新型コロナウイルスの影響もあり、オンライン完結型のイベントとして開催しましたが、地域に興味のある皆さんも、地域の皆さんも、今回提供させていただいた様々なオンラインツールをスムーズにご利用され、今まで以上に、シームレスで豊かなコミュニケーション体験をされていたように思います。新しい生活の様式へのシフトが注目される中、今回は、オンラインを使い、距離に関係なく参加者と繋がり地域をPRできるという新しい移住施策の可能性を実感いたしました。
これからも地域に興味のある皆さんと、地域の皆さんの出会いの伴走者として、取り組んでまいりたいと思っています。

関連ニュース

カヤック公式ツイッタ @kayac_inc

絶賛更新中!!

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.