面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ
鎌倉リサイクリエーション

お便り募集中

お仕事のご相談取材のご依頼などお待ちしております!!

お問い合わせ先はコチラ

鎌倉リサイクリエーション

鎌倉の未来をつくろう。つめかえパックで。

家庭で出た使用済みつめかえパックを回収し、再生樹脂ブロックに変え、様々なものを創造する鎌倉リサイクリエーションプロジェクト。カヤックでは、このプロジェクトの後援として、企画・制作を行いました。

2017年10月5日にスタートして以来約7ヶ月、なんと38,745枚(2018年5月末時点では41,025枚)ものつめかえパックが集まり、そこから製造した再生樹脂ブロックによって、等身大江ノ電とオチビサンベンチが完成しました。

2018年4月27日には完成式典が行われ、鎌倉市松尾市長をはじめ、NPO法人カマコンと面白法人カヤックの代表である柳澤大輔氏、江ノ島電鉄観光企画部長の中沢俊之氏、「リサイクリエーション」に取り組むテラサイクルジャパンのアジア太平洋リージョナルマネージャーのエリック・カワバタ氏、花王の取締役専務執行役員を務める長谷部佳宏氏のほか、神奈川県のガールスカウト神奈川第3団のスカウトたちが登壇しました。

式典であいさつに立った松尾崇市長は「市民の熱意と努力に敬意を表したい。全国でもトップクラスのリサイクル率を誇る鎌倉で、今後も楽しみながら世の中をよくする取り組みを連携して継続していければ」とコメント。

本プロジェクトは「鎌倉市のリサイクル意識のさらなる向上」を目指して、市、企業、学校、市民が一丸となり取り組み、特に、市内の小中学校25校からはたくさんのつめかえパックが集まり、子どもたちの認知度も高いという結果となりました。

等身大江ノ電の展示は2018年5月末で終了しましたが、ここで使われたブロックは、江ノ電に寄付することが決まっており、学校への寄贈も予定。一過性ではない、地元に根付く習慣・文化へと育っていくことを目指して、江ノ電鎌倉駅構内と鎌倉市内の小中学校19校では引き続き回収ボックスを設置して回収を行い、また、生涯学習センターにオチビサンと回収ボックスを設置する予定となっています。

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.

お好みのデザインに変更できます
5つのテーマから選んでください

学歴・職歴

×

送信

資格・スキル

×

送信

長所短所

×

送信

趣味興味
のあること

×

送信

ポリシーこだわり

×

送信

カヤックの
サービスについて

×

送信

その他

×

送信