ちいき資本主義事業部 プロデューサー | 面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

エントリ受付中!!

カヤックを変えてくれる方をお待ちしています!!

ちいき資本主義事業部 プロデューサー

企画部

仕事内容

ちいき資本主義事業部がつくったサービスの原点は、カヤックがまちづくりをジブンゴト化してきた経験です。鎌倉に暮らす人と一緒にまちづくりを面白がり、ブレストをし、アイデアを持ち寄る中でたくさんのヒントを見つけました。

どのサービスも、「地域の問題を解決する」ではなく「それぞれのまちが面白く、多様であるために何があるといいか」という視点から始まっています。

▼ちいき資本主義事業部について

関係人口創出や移住を支援するプラットフォーム「SMOUT」は、自分ができることや価値観を登録すると、地域から声がかかる仕組みです。故郷へのUターンでも、転勤でもなく、自分で好きなまちを見つけるからこそ、面白く生きる人が増えると考えています。

コミュニティ通貨「まちのコイン」も、自然や歴史、文化、人とのつながりを資本として測れる仕組みをつくりたいと考えたことがきっかけです。「まちのコイン」は、お金で測れなかったものに光が当てられるプラットフォームとして、地域の人たちと一緒に磨いている最中です。これまで埋もれていた多様な地域の資本を見つけて、増やしやすくなっています。

人と人がつながって、住む場所との出会い方や資本主義への向き合い方をアップデートできれば、もっと面白くて多様な社会ができるはずです。カヤックのクリエイティブの力を活かし、企業としての成長や経済合理性との両立を目指してチャレンジしています。

▼メンバーインタビュー

今回募集するポジションは、コミュニティ通貨「まちのコイン」の地域プロデューサーです。自治体や大手企業に対して、「まちのコイン」や「SMOUT」を活用した課題解決提案を行い、導入までのプロジェクトマネジメントを行っていただくポジションです。

何を目指しているのか

現在、「まちのコイン」は15の地域で利用されていますが、導入の目的や抱える課題は地域によってバラバラです。また、地域通貨にとどまらず、BtoC企業のコミュニティマーケティングにも活用できるプラットフォームにもなるサービスです、地域や企業ごとに異なる課題を抽出し、まちのコインを導入することで実現できる世界を示すことで、「まちのコイン」の導入自治体・導入企業を拡大することがミッションです。

そのために必要なこと

「まちのコイン」は発展途上のプロダクトです。地域プロデューサーも導入提案して終わりではなく、提案内容を実現するために座組みをつくり、ステークホルダーを巻き込みながらプロジェクトを進行させるPMに近い動きが求められます。

また、カスタマーサクセスやマーケティングと連動して、活用・成功事例を共有したり、開発チームに顧客の声をフィードバックしたりと、受注率増やプロダクト改善につなげるサイクルを社内でも作る必要があります。

今はまだ、社内での役割も仕組み化されていません。成功や失敗を積み重ねながら走り、徐々に知見を組織に生かしていきたいと考えています。

期待すること

【具体的にお願いしたいこと】
コミュニティ通貨「まちのコイン」の地域プロデューサーとして、ソリューション提案を行い、導入地域の拡大を推進していただきます。アウトバウンドで案件を獲得をすることはなく、基本的には自治体・企業からの引き合いがトリガーとなります。

具体的には
・自治体、企業からの引き合いに対するヒアリング、与件整理
・各自治体、企業に合わせた企画設計とソリューション提案
・各企画の導入に向けたプロジェクトマネジメント
・各企画の導入に向けたコンペティション対応
・カスタマーサクセス、マーケティングと連動した仕組みづくり

求める人物像・スキル

必須の経験

■経験
下記いずれかのご経験
・無形商材のソリューション提案営業の経験 2年以上
・プロジェクトマネージャーの経験 2年以上

■スキル
・顧客の課題を整理するコンサルティング能力
・顧客やステークホルダーと対話するファシリテーション能力
・ステークホルダーに伝えていく言語化・コミュニケーション能力
・クリエイティブに対する知見

あると望ましい経験

・自治体や行政を顧客としたビジネスの経験
・カスタマーサクセスの経験
・ベンチャーやスタートアップでの就業経験
・営業チームのマネジメント経験

環境

・まちのコイン/みせのコイン/運営団体向け管理画面
・Microsoft Office
・Google Workspace
・Slack
・Asana
・Zoom

担当者の考えるこの仕事の面白さ

・業務範囲は決まっていません。立場にかかわらずいろいろできます。

今は、さまざまな観点で「まちのコイン」を磨いていくタイミングです。「自分はプロデューサーの役割だから」なんて立場をわきまえすぎる必要はありません。深く関わる地域が増えるほどに、業務範囲に関係なく変えていきたいところが見つかるはずです。あなたの意見や経験をプロダクトに反映するチャンスが山ほどあります。

・この通りにやらなければいけないというプロセスはありません。一緒につくりましょう。

地域プロデューサーという仕事は比較的新しいポジションです。。「まちのコイン」を広めるために、プロセスも一緒に考えて変えていくことができます。地域の声を第一線で聞ける時間が多いからこそ、チームに必要なこともたくさん見えてくるかもしれません。一緒につくりましょう。

・プロダクトをよくしていくのに立場は関係ありません。みんなでプロダクトをつくっていきましょう。

「まちのコイン」はプロダクトとしてはまだまだ発展途上です。余白がある分、楽しくもあり、苦しくもあります。でもその余白にどのような色をつけるのか、オープンに話し合いながら決めていけます。


エントリーする

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.