ちいき資本主義事業部 プロダクトマネージャー | 面白法人カヤック

トップへ戻る
ツイ

エントリ受付中!!

カヤックを変えてくれる方をお待ちしています!!

ちいき資本主義事業部 プロダクトマネージャー

企画部

仕事内容

ちいき資本主義事業部がつくったサービスの原点は、カヤックがまちづくりをジブンゴト化してきた経験です。鎌倉に暮らす人と一緒にまちづくりを面白がり、ブレストをし、アイデアを持ち寄る中でたくさんのヒントを見つけました。

どのサービスも、「地域の問題を解決する」ではなく「それぞれのまちが面白く、多様であるために何があるといいか」という視点から始まっています。

▼ちいき資本主義事業部について

関係人口創出や移住を支援するプラットフォーム「SMOUT」は、自分ができることや価値観を登録すると、地域から声がかかる仕組みです。故郷へのUターンでも、転勤でもなく、自分で好きなまちを見つけるからこそ、面白く生きる人が増えると考えています。

コミュニティ通貨「まちのコイン」も、自然や歴史、文化、人とのつながりを資本として測れる仕組みをつくりたいと考えたことがきっかけです。「まちのコイン」は、お金で測れなかったものに光が当てられるプラットフォームとして、地域の人たちと一緒に磨いている最中です。これまで埋もれていた多様な地域の資本を見つけて、増やしやすくなっています。

人と人がつながって、住む場所との出会い方や資本主義への向き合い方をアップデートできれば、もっと面白くて多様な社会ができるはずです。カヤックのクリエイティブの力を活かし、企業としての成長や経済合理性との両立を目指してチャレンジしています。

▼メンバーインタビュー

■募集背景
主軸サービスとなっているコミュニティ通貨「まちのコイン」は17の地域に導入され、既に地域通貨プラットフォーム市場をリードする存在になっています。
今後、導入地域の拡大とすでに導入いただいている地域の顧客体験向上に向けて、組織体制を強化し、より多くの地方創生を実現させていくために募集を開始いたしました。

何を目指しているのか

「まちのコイン」は、資本主義のモノサシであるGDPに加えて、通貨で測れなかった幸せを指標化し、増やしていきたいという原点から始まっています。地域の個性を伸ばす手段として確立され、事業としても成立するかたちに到達するべく、仮説の検証をスピーディに回せる体制を目指しています。

そのために必要なこと

「まちのコイン」は、まだ実現していない、GDP以外のモノサシをつくりたいという新しい考え方からはじまったものです。地域の活性化を事業として成り立たせるためには、プロダクトの視点でも、ユーザーの視点でも、まだまだ仮説の検証が必要です。

期待すること

コミュニティ通貨の分野には、まだセオリーがなく、正解がありません。地域との協働の仕方も、「まちのコイン」のあり方も、手探りで探している状態です。
カヤックはこれまでたくさんのコンテンツをつくってきましたが、正解のないものに向かっていく難しさを感じています。一方で、コンテンツをつくり続けてきたカヤックだからこそ、地域の悩みや個性も、コンテンツの力で面白くなると考えています。
「まちのコイン」のあり方を一緒に探しながら、安定したプロダクトの提供に向けて進んでいける仲間を探しています。

■具体的な仕事内容
「まちのコイン」チームのプロダクトマネージャーとして、製品改善や新機能企画に携わっていただきます。マーケットインだけでなく、仮説をベースとしたプロダクトアウトでのアクションも期待したいポジションです。

・まちのコインのプロダクト戦略、ポリシーの立案・策定・遂行
・まちのコインのプロダクト・ロードマップの策定・遂行
・プロダクトのクオリティ管理
・既存サービスの定性・定量リサーチ(ユーザーヒアリング、ログ分析等)の企画・遂行

求める人物像・スキル

必須の経験

下記いずれかのご経験がある方
・テクノロジーを駆使した自社プロダクトのプロダクトマネジメントの経験
・スタートアップや新規事業におけるPMFの経験

あると望ましい経験

・プロジェクトマネジメントの経験
・デザイナーやエンジニアと協働した経験
・企画書、要件定義書など、豊富なドキュメント作成経験
・地方創生、地域活性に関するビジネスに携わった経験
・スタートアップ、ベンチャー企業での勤務経験

求める人物像 

・「まちのコイン」というプロダクトの可能性を信じて、試行錯誤を面白がれる方
・多くのステークホルダーと合意形成をしながら進めていくことが得意な方
・地域活性や地方創生に関心がある方

環境

・Google Workspace
・Microsoft Office
・Slack
・Miro

担当者の考えるこの仕事の面白さ

地域活性化の新しい領域

「まちのコイン」はコミュニティ通貨として、新しい地域通貨の形を目指しています。GDPのような経済指標ではなく、新しい価値を測るツールとなるようにプロダクトの磨き込みをかけている段階です。この領域はまだ市場として確立されているわけではなく、日々試行錯誤しています。地域活性化の最前線での試行錯誤は難しくもあり面白くもある仕事です。

未知の市場を切り開く経験

「まちのコイン」はさまざまな地域での導入が進んでいますが、プロダクトとしてはまだ磨き込みの段階です。コミュニティ通貨として、今はまだ存在しない市場をつくりだしていくことを目指しています。新しい市場をつくりだす挑戦は緊張感もありながら、面白い経験になります。

鎌倉の地で地域に根ざした活動

カヤックは職住近接を推奨しています。鎌倉の近くに住みながら、鎌倉というまちとのつながりを増やす。「まちのコイン」は鎌倉での運営を通して多くのことを学んでいます。この学びの体験は、自分が主体者として鎌倉に関わることでもあります。プロダクトにフィードバックしながら、さまざまな地域で活用していける経験をまちに関わりながらすることができます。


エントリーする

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.